戸松遥 3rdアルバム|Harukarisk*Land|インタビュー第2回

戸松遥 3rdアルバム|Harukarisk*Land|インタビュー第2回
LINEで送る

tomatsu270318通常戸松遥提案の音楽のテーマパークが開演! 3月18日にリリースされた戸松遥の3rdアルバム『Harukarisk*Land』。コンセプトは、アルバムタイトルやジャケットからもわかる通り“テーマパーク”! 戸松遥がずっと温めていたというこのコンセプトを元に、HoneyWorksなど、ポップセンス抜群のクリエイターが集結し、キラキラしたアルバムが完成した。ロングインタビュー第2回では、アルバムに収録される新曲を中心にインタビュー! メルヘンだったり、スピード感たっぷりだったり、アトラクションが想像できるような楽曲ばかりで、どれも魅力的だ。さらに彼女の中で大きな存在というライブツアーがスタートするということで、ツアーへの意気込みも聞いた。

文/塚越淳一(FAMiLIES)

やりたかったことが形になった、すごく自信が持てる満足の一枚に

――アルバムの一曲目は「Fan Fun Parade」という曲で、すごく遊園地っぽい。
戸松 コンセプトが遊園地と決まっていたので、にぎやかな曲で、ライブでもすごく盛り上がるお祭り曲が欲しくて、“ザ・パレード”といった感じの曲になりました。コール&レスポンスがあって楽しいという曲を待ってます! とお願いしたんですけど、これでしょう! っていうくらいインパクトがある曲になりました。

――新曲を中心にお話をうかがうと、次に「ラブ♡ローラーコースター」がありますね。
戸松 コースター系の曲ですけど、片思いの気持ちをジェットコースターに見立てていて、そのバランス感が面白かったです。歌詞も一方通行で、ジェットコースターの一方通行な感じと同じだし。でも結構我が強いんですよね、この子(笑)。

――「No.1 GIRL」は、おしゃれな曲調というか。こういう曲もなかったですよね?
戸松 新しいですね。リズム感が結構難しくて。でもリズムが入ればサクサクっていける曲だったので、歌うまでずっとループで聴き続けました(笑)。新曲すべてが遊園地のような曲になっちゃうとコテコテになっちゃうので、バランスが取れた楽曲も必要だと思うってディレクターさんに言っていただき、この曲ができたんですけど。聴き心地が良くて、散歩しながら聴きたい曲調ですね。

――「アテンション☆プリ~ズ」は、かわいらしい曲です。
戸松 これまで1stと2ndアルバムでは、お客さんと一緒に振り付けをする曲があって。自分がお客さんとしてライブに行く時に、そういう演出があるのがすごく好きなんです。一緒にライブをやってる感じがあるというか。だから今回もそれをやりたいなと思って、それ専用の曲を作りましょうってアイディアを出させていただきました。

――「マリラレルラ」はすごく幻想的で、良い曲!
戸松 かわいいですよね。ちょっとメルヘンというか。四枚目のシングルで「こいのうた」という曲があって、それを歌ったのが20歳くらいだったんですけど、それから五年経って、今の私が、同じような世界観を表現したこの曲を歌ったらどうなるかということで、挑戦したかった一曲です。そもそも「マリラレルラ」って何だろうって思いましたけど(笑)。

――呪文のような?
戸松 そうですね。この言葉を言うだけで“友達の証だよ”みたいな、不思議な言葉なんです。

――最後の曲「恋ヲウチヌケ」はHoneyWorksさんの楽曲ですが、切なすぎます!
戸松 キュンキュンしますよね! すごく切ないんです。以前キャラソンでお世話になった時、すごく素敵な世界観で、何でこんなキュンキュンした詞が書けるんだろうって。それを戸松遥として歌えたら幸せかもしれないと思って、お願いしたんです。恋愛っぽい曲で、あとは全部お任せしますって感じだったんですけど、そしたらまさか年下の君っていう! そっか、私も25歳だもんなって思ったんですけど、すごく嬉しかったです。レコーディングもサクッと終わりました。作ったり、かわいくしようとかいうよりも、そのまま素直に出てきた歌い方で一番良いものができると思ったので。

――すごく切ない歌詞ですけど、そこまで切なくは歌っていない歌声に救われたというか。
戸松 そうですね。曲がアップテンポなので、この主人公の女の子は、この先とっても明るく生きていけるんだろうなって、前向きな希望を持たせる歌い方にしたかったんです。だから半分は、応援してあげたいなって気持ちで歌わせてもらいました。主人公の気持ちと、戸松遥として頑張れという気持ちと。それが前向きなニュアンスに繋がっているのかなって思います。

――さて、3rdアルバムが完成していかがですか?
戸松 今作は、自分の意見も一番出させていただいて。もちろん、みんなで話し合ってという感じではあるんですけど、本人がやりたいならやりましょうと、皆さん乗っかってくださって。曲順も、ほぼほぼ私が考えたそのままが形になってますし、ジャケットのイメージもニ年前から温めていたこともあって、具体的に意見を言うことができました。それと、遊園地というコンセプトがあったからこそ出会えた楽曲、やりたかったことが形になった嬉しさがあって、すごく自信がある、満足のいく一枚ができたと思います!

――ライブツアーも楽しみです。
戸松 遊園地に遊びに来る感覚で見に来ていただけたら嬉しいなって思います。公演数もファイナルの場所も、今までと違うので、自分の中では全然別物なんですよ。ホントに毎日ツアーのことを考えてますね。いろいろ平行しながらではあるんですけど、衣装やセットリスト、セットに何を置きたいかとか常に考えていて。セットに何を置くかなんて、これまで考えたこともなかったんですけど、自分がこんなにこだわる一面があるんだって、ちょっとびっくりしてます。でも、これまで以上にこだわって、これまでとは違う、いい意味で進化した3rdツアーにできたらと思っているので、ぜひ、遊びに来てください!

 

戸松遥 3rdアルバム『Harukarisk*Land』ロングインタビュー第3回は近日公開

戸松遥 3rdアルバム『Harukarisk*Land』ロングインタビュー第1回はコチラ

戸松遥 3rdアルバム『Harukarisk*Land』収録全曲解説はコチラ

 

戸松遥 3rdアルバム『Harukarisk*Land』2015年3月18日発売

tomatsu270318初回tomatsu270318通常①Fan Fun Parade ②courage(『ソードアート・オンラインII』第2期OP) ③ラブ♡ローラーコースター ④No.1 GIRL  ⑤Tomorrow  ⑥Fantastic Soda!!  ⑦アテンション☆プリ~ズ  ⑧PACHI PACHI PARTY  ⑨Get you!!  ⑩マリラレルラ  ⑪In Our Hands(『ブレス オブ ファイア 6』主題歌) ⑫ヒカリギフト  ⑬恋ヲウチヌケ

初回生産限定盤|CD+DVD|SMCL-375~6|¥3,333円+税

・MV「恋ヲウチヌケ」とHarukarisk*Land Jacket Makingを収録したDVD付
・飛び出すカードとフォトブック付

通常盤|CD ONLY|SMCL-377|¥2,870円+税

発売元:ミュージックレイン 販売元:ソニー・ミュージックマーケティング

LAWSON presents
戸松遥 3rd Live Tour 2015 Welcome!Harukarisk*Land!!!

6月21日(日)大宮ソニックシティ(埼玉)
7月05日(日)宇都宮市文化会館(栃木)
7月18日(土)オリックス劇場(大阪)
7月20日(月祝)東京国際フォーラム ホールA(東京)
8月08日(土)静岡市清水文化会館マリナート(静岡)
8月15日(土)福岡国際会議場メインホール (福岡)
8月23日(日)愛知県芸術劇場(愛知)

全席指定¥6,500(税込)※未就学児入場不可/お一人様、1公演につき4枚まで

 

 

 

LINEで送る

コラム

         

インタビュー

ミュージック

         

新作アニメ&特撮

人気プログラム

インタビューカテゴリの最新記事