INT #佐咲紗花|SAYAKAVER.|カバーアルバムロングインタビュー前篇

INT #佐咲紗花|SAYAKAVER.|カバーアルバムロングインタビュー前篇
LINEで送る

sasakisayaka270325巷に溢れるほどに数多くの人が挑戦するも、その壁の高さに跳ね返されることの多いアニソンカバーアルバム。しかし、曲への愛情を、緻密なコンセプトと入念なアレンジディレクションで見事に乗り越えた『SAYAKAVER.』が完成。3月25日のリリース直前!佐咲紗花のロングインタビュー前篇をどうぞ。

文/清水耕司(ボーグナイン)

世界中のアニメ・特撮ソングファンが楽めるように

――今回のカバーアルバムの選曲は佐咲さん自身によるものですか?
佐咲 まず、私が叩き台を出して、それをチームで議論して、皆で決めました。今回のアルバムはコンセプトとして、「日本以外の世界中のアニソンファンにも喜んでもらえるように」っていうのがあるんです。例えば、「JUST COMMUNICATION」が主題歌だった『新機動戦記ガンダムW』って、アメリカで最初に放送された『ガンダム』シリーズなんですね。だから、向こうの方にはすごく思い入れがあるという話だったり。あと、『カードキャプターさくら』も海外ではすごく男性にも人気がある作品で、その中でも特に「プラチナ」が人気とか。『特捜エクシードラフト』はブラジルで放送された後、レスキュー隊員の志願者が三倍になったことがあったといった社会現象も踏まえつつ。逆に「炎のたからもの」は海外であまり知られていないかもしれないけど、日本語の美しさの響く歌詞と旋律を知ってもらおうという意味で、日本から発信したい曲として選んでいるんです。だから、(選曲は)私の個人的な思い入れだけではなく!(笑)。

 

――(笑)。コンセプトカバーアルバムなんですね。
佐咲 ですね。最近、海外でのイベントに出演することが多いので、その経験値を生かした一枚にもなっています。海外で歌った時にたくさんのお話を聞いたり、「この作品のコスプレイヤーがこの国ではやたらと多いな」と思ったりしたこととか(笑)。あとは、ネットなどで原曲に対する外国語のコメントがものすごく多いといった海外での反響を加味した上で選曲しました。

 

――佐咲の好きと世界の好きをつなげる一枚、なんですね。
佐咲 日本と世界の架け橋にもなれたら嬉しいですね。

 

――今回、カバーするにあたって意識した点というと?
佐咲 やっぱり「原曲はこうじゃないのに」って声は……。

 

――気にしました?
佐咲 はい。なので、タイトルには「SAYAKAのCOVER」という意味と、あくまでも「SAYAKA VERSION」という二つの意味を込めていて。だから、「Ver.」の「.(ドット)」が入っているんです。「紗花バージョンとして聴いてね」という念押し的な(笑)。

 

――でも、原曲は当然意識すべきポイントですから。
佐咲 そうですね。特にそういう声が一番多そうだと思ったのは「Snow halation」で、すごく気を使いました。私もこの曲のシングルリリースの時から好きだったので思い入れはあるんですけど、現状で最大級にヒートアップしているコンテンツで、もっと熱烈な方々がフレッシュな思いを持っているので。

 

――“今”の曲ですからね。でも、絶妙のアレンジだと思います。イントロからの流れは原曲を感じさせつつ、佐咲さんが歌う用になっていて。μ’sの誰かが将来ソロで歌うとしたらこういう感じかな、って思いました。
佐咲 畑さんの書いたこの歌詞の世界が大好きなので、「歌詞の情景が見えるといいな」と思いながら入り込んで歌いました。なので、切なさ成分は多めに出ていると思います。でも絶妙のアレンジですよね。原曲で印象的だった一番のAメロのジャジャッジャジャッを残してくださったのは……、「ありがとうございます!」って思いました(笑)。あと、二番の同じ部分も。そこがなかったらきっと、ファンだけじゃなく、ランティスで『ラブライブ』を作ってる人達も「えぇぇっ」って思ったかもしれないので。ホント、ありがとうございます(笑)。

 

――あらためて今回のカバーを終えてどんな気持ちですか?
佐咲 最初はすごく不安だったんです。アニソンが、作品が本当に好きだからこそ、「ライブではなく形に残るCDとして、しかもフルアルバムでそんなにたくさんの曲を私名義で出させてもらっていいものか」「皆はそれを受け入れてくれるのかな」って。でも今は、ディレクターさんやアレンジしてくれたミュージシャンの方々の力を借りて、佐咲紗花という人間を知ってもらうために必要な一枚になったと思っています。「シンガー志望の子がアニソン界に来た」のではなく、「アニソンを歌いたくてアニソンシンガーになった」という私の原点を自分でも振り返れるし、皆さんにも改めて知ってもらえるので。「佐咲紗花=作品への愛をいつもたくさん込めて作っている人」ってことを。ここから私を知ってもらって、「あれ? 佐咲紗花が歌うアニソンを聴くのが好きかもしれない」→「佐咲紗花の曲が好きかもしれない」→「佐咲紗花のオリジナル曲も聴いてみよう」→「佐咲紗花の歌が好きだって感じになると嬉しいです。「佐咲紗花入門書」として。

 

佐咲紗花 カバーアルバム『SAYAKAVER.』2015年3月25日発売

①The Biggest Dreamer(『デジモンテイマーズ』OP)編曲:鈴木マサキ
②IN MY DREAM(『ブレンパワード』OP)編曲:山路一志
③コネクト(『魔法少女まどか☆マギカ』OP)編曲:齋藤真也
④Sakura(『交響詩篇エウレカセブン』OP)編曲:岩田アッチュ&Mitsunori Ikeda
⑤DISCOTHEQUE(『ロザリオとバンパイア CAPU2』OP)編曲:TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND
⑥プラチナ(『カードキャプターさくら』第3期OP)編曲:寺田志保
⑦Snow halation(『ラブライブ!』第2期挿入歌)編曲:柘植敏道
⑧炎のたからもの(劇場版アニメ『ルパン三世 カリオストロの城』主題歌)編曲:安瀬聖
⑨特捜エクシードラフト(TV特撮『特捜エクシードラフト』OP)編曲:長澤孝志
⑩ANYTHING GOES!(TV特撮『仮面ライダーオーズ/OOO』OP)編曲:三宅博文/ゲストボーカル:Gero
⑪Can Do(『黒子のバスケ』第1期1クール目OP)編曲:エンドウ.
⑫LEVEL5 -judgelight-(『とある科学の超電磁砲』OP)編曲:AstroNoteS
⑬JUST COMMUNICATION(『新機動戦記ガンダムW』OP)編曲:Shinnosuke

LACA-15484|¥3,000+税|発売元:ランティス|販売元:バンダイビジュアル

佐咲紗花『SAYAKAVER. 』発売記念イベント ミニライブは観覧無料
3月25日(水)ニコニコ本社 B2F イベントスペース(池袋P’PARCO B2F)

19:15頃~ニコラジ出演|池袋ニコニコ本社サテライトスタジオより公開生放送

20:15頃~ミニライブ 20:30頃~サイン会
3月28日(土)イオンモール土浦 専門店街 1F 花火ひろば
ミニライブ&サイン会/開演14:00

4月4日(土)モラージュ菖蒲 1F滝のコート

ミニライブ&サイン会 /①13:00 ②15:00 

4月5日(日)アリオ橋本 1F グランドガーデン

ミニライブ&サイン会/開演17:00
※サインはご購入頂いたCD『SAYAKAVER.』ジャケット限定で行います。
佐咲紗花イベント出演

IBS茨城放送 ラジオまつりにてミニライブ&『花咲キラジオ』公開収録
3月29日(日)茨城放送 駐車場特設会場及び1階公開スタジオ 入場無料

11:30頃~佐咲紗花ライブ 12:00頃~花咲キラジオ公開収録予定

ランティス祭り海外公演『ANISONG WORLD TOUR 2015 Lantis Festival』台湾
4月18日(土)TICC台北国際会議センター ※ライブ・ビューイングの詳細はコチラ

佐咲紗花『SAYAKAVER.LIVE 01』開催決定

6月17日(土)下北沢GARDEN

OPEN 18:30/START 19:00
自由席|前売|Sチケット税込7,560円/Aチケット税込4,320円|発売中
※別途ドリンク代/未就学児童入場不可/三歳以上チケット必要

 


ランティス佐咲紗花『SAYAKAVER.』特設ページはコチラ
NEXUS 佐咲紗花特設ページはコチラ
佐咲紗花 シングル「CHIASTOLITE」インタビューはコチラ

 

 

LINEで送る

コラム

         

インタビュー

ミュージック

         

新作アニメ&特撮

人気プログラム

インタビューカテゴリの最新記事