INT #和田光司|201503 Mini Album re-fly

INT #和田光司|201503 Mini Album re-fly
LINEで送る

wadakoji270325LACA-15485二度の闘病を乗り越えた不死蝶のアニソンシンガー・和田光司さんのミニアルバムには歌い続ける覚悟と意志、そして今という瞬間が詰め込まれている。名曲「Butter-Fly」や影山ヒロノブさんら参加のタイトル曲も収録。

文/永井和幸

まず僕がその先の未来へ進むから、みんなも一緒についておいでよと

――復帰後、初のCDになります。みんなが待っていました!

和田 ありがとうございます。2005年に病気を克服して復活したものの11年に再発して活動休止した時、入院中に自分や音楽をじっくり考えられたことで引き出しも増えたし、歌への向き合い方も変わりました。こんな歌を作りたい、歌いたいという気持ちもより明確になって。その想いと成長を形にしつつ、“再び飛び立つ”という想いを込めてこのタイトルにしました。


――六曲のうち国民的な名曲「Butter-Fly」とミニアルバム「ever」の「bravery」をオリジナル音源で収録した理由は?

和田 「Butter-Fly」はアニソンシンガーとして始まりの歌で、アルバムを見守る土台としてオリジナル版で収録しようと。「bravery」は“突き上げた拳には負けない覚悟がある”のフレーズのように再び飛び立つ強い意志と覚悟を示す一枚だからピッタリだなと。アルバムの幹はオリジナルの二曲ですね。


――セルフカバーも二曲あって、まず「ヒラリ」を選んだのは?

和田 今が自分にとって物語の第三章だと思っていて、第一章はデビューした時、第二章が病気をしてから復活するまで。「ヒラリ」は病気から復帰後の楽曲であり、『デジモンセイバーズ』のOP曲なので『デジモン』シリーズの曲のすべてを取り込んだ思い入れ深い曲。だから今の想いも込めて歌い直しました。


――“傷ついた羽がキセキを呼び起こして”や“終わりなき旅路へ”など和田さんに重なって。

和田 作品の曲だけどちょいちょい自分を出しちゃって(笑)。
でも一曲目はこの曲しかありません。もう一曲の「風」はアレンジを変えて歌い直してみたいとずっと思ってて。サビ始まりに変えて、より壮大な感じになったかな。また「ヒラリ」と「光」を編曲してくれた宮崎京一さんとは初めてですが、パワフルなアレンジで、間奏のバンド演奏もカッコよくて気に入ってます。


――オリジナルとセルフカバーを聴き比べてみた感想は?

和田 昔の声とは違いますね。でも今を表現したかったから歌い直したし、僕にとって理想の声に近づけた実感があるんです。新曲二曲でも同じですが、より自然体で、「和田光司の歌ってこうだよな」という。皆さんには当時の歌と聴き比べて楽しんでほしいし、少しでも成長を感じてもらえたらうれしいです。


――そして新曲ですが、タイトル曲の「re-fly」は希望と光に満ちたアッパーチューンですね。

和田 メインとなる歌はアルバム名と同じにしたくて。『デジモンフロンティア』のOP曲「FIRE!!」があって、作詞の山田ひろしさんが僕のデビューするきっかけを入れてくださって。それとリンクさせようということも決めていました。僕のデモテープがゴミ箱に捨てられていて、違うディレクターさんが拾って聴いてくれて。それがサビの「ゴミ箱を飛び越えた先にある未来」でした。だから「未来なら今この手にある」という言葉を入れ、そして「もう途切れる事のない夢をずっとずっと見せ続けよう」という覚悟も。


――最後の「何度傷ついても僕は行くよ」も宣言に聴こえます。

和田 ここは迷いましたが、まず僕がその先の未来へ進むからみんなも一緒についておいでよという僕なりの力強さです。弱々しかったらついていく人も不安になるでしょうから(笑)。


――一曲目に歌入れしたとか。

和田 はい。「Butter-Fly」などでご一緒した渡部チェルさんにアレンジしていただいて。緊張して臨んだけど「以前より声も出ていいね」と言ってもらえてホッとしました。あと同じ事務所の影山ヒロノブさん、遠藤正明さん、きただにひろしさんがコーラス参加してくださって。すごい存在感で、「付け過ぎたかな」と言ってました(笑)。歌の持つパワーを改めて感じたし、力を吹き込んでもらいました。


――「希望ノカケラ」は世界や現実へのメッセージソング?

和田 僕が今感じていること、伝えたいことをただ歌っただけで。各地でいろいろなことが起こっているけど、みんなが望んでいるのは「笑みが溢れる世界」であり、「すべては心一つで~変えてゆける」と信じているから。また編曲のR・O・Nさんも予想外のアレンジで斬新でした。今回の新しい方との出会いは刺激と冒険心を与えてくれました。


――六曲すべてアッパーで、飛び立つイメージの曲がそろって。

和田 『re-fly』にふさわしい力強い曲を選んだらこうなりました。聴いてくれた人が前へ踏み出す勇気が出たり、ただ笑顔になってくれるだけでもいいんです。そしてそばでいつまでも寄り添えるCDになったら幸せです。


――ジャケットも光でまばゆく、羽も舞って収録曲のイメージで。

和田 衣装はみんなの色に染めてもらえればという想いでずっと白にこだわっています。帽子をかぶったジャケは初めてです。そしてファンの方ならピンとくる仕掛けもしてます。気付いてくれるかな? ぜひ見てほしいな。


――最後に、アニカン読者へメッセージを。

和田 今後も歌い続けるという強い意志と覚悟、進化を示すCDになりました。早くライブでもみんなに生で届けたいです。re-flyから再び始まった和田光司の歌物語に期待してください。


和田光司ミニアルバム|re-fly|2015年3月25日発売

wadakoji270325LACA-15485①ヒラリ〜re-fly ver.〜
作詞:和田光司 作曲:IKUO
編曲:宮崎京一

②風 〜re-fly ver.〜
作詞:和田光司 作曲:大久保薫
編曲:宮崎京一

③bravery
作詞・作曲:和田光司 編曲:鈴木豪

④希望ノカケラ
作詞・作曲:和田光司
編曲:R・O・N

⑤Butter-Fly
作詞・作曲:千綿偉功 編曲:渡部チェル

⑥re-fly
作詞・作曲:和田光司 編曲:渡部チェル

LACA-15485|¥2,200+税|発売元:ランティス|販売元:バンダイビジュアル


 

 

 

LINEで送る

コラム

         

インタビュー

ミュージック

         

新作アニメ&特撮

人気プログラム

インタビューカテゴリの最新記事