AKINO from bless4|海色|艦これOP|インタビュー後篇

AKINO from bless4|海色|艦これOP|インタビュー後篇
LINEで送る

akino2702_アー写『甘城ブリリアントパーク』に続き、2期連続でアニメ主題歌を歌うAKINO。「海色」ではTVアニメ『艦これ』主人公の吹雪に思いを馳せながら、女性の強さ熱さを歌い上げている。14歳で「創聖のアクエリオン」と出会い、今年で10周年を迎えるAKINO。最新シングルをスタート地点に、10年の足跡を振り返ると…? 3/25にはアルバムのリリースも控えているAKINOの最新ロングインタビュー後篇です。

文/清水耕司(ボーグナイン)

落ち込んだ気持ちに「一撃」して
「爆ぜ」た気持ちで2015年を進みましょう

――聴いた人達が歌う時に気をつけるポイントというとどんなことがありますか?
AKINO 文化や習性だと思いますが 日本人って歌う時の口の開け方がちっちゃいんですね。この曲では特に口を開けて、サビとか「Wake Up!」とか、パワーを出したい時には力拳を作りながら歌ってみるといいかもしれませんね。力の入れ具合で声の出し方も変わってくるので。そして、「一撃」に注目してほしいですね。歌ってる時、実際にパンチしてみると楽しいかもしれないです。でも、レコーディングは本当にハードでした(笑)。最初は通しで、それから部分部分で録っていくんですけど、、サビを何回も何回も繰り返し繰り返し歌うとかなり体力を使います。汗をいっぱいかきました。熱い気持ちを込めながら歌ってください。

 

――AKINOさんもMVでパンチしてますしね。
AKINO いろいろと自分で考えて撮影に臨んだんです。でも、曲が流れ始めて、曲に入り込んだら、自分がしたい動きが自然に出てきました。「一撃」は遊びのつもりだったんですよね。ちょっと男っぽ過ぎるかな、って思ったのですが、監督さんから「いいね。」って言われたので(笑)、ガンガン入れました(笑)。あと、ピンヒールが12cmぐらいあったのでそこは大変でした。「ちゃんと踊れるかな」って心配でしたけど、曲にノッたら楽しく動けました。曲が終わった瞬間にちょっと痛くなってきましたけど(笑)。

 

――カップリング曲「Just Moving On Now」についても教えてください。
AKINO この曲は最初に聴いた時、懐かしいテイストを感じました。聴いたことがあるようなちょっと居心地いいメロディ。それで、エモーショナルにしたらいいのかな、って思って、自分が好きな黒人スタイル取り入れてみました。「海色」もこの曲もビートが強いので、同じように聴こえないように歌い方をちょっと変えてみようかな、というのもありました。自分の音域でいうとちょっと低音の部分があって、難しかったんですけど、自分なりに工夫しました。Aメロ、Bメロで押したり引いたり。

 

――お気に入りの部分はありますか?
AKINO やっぱり「Just moving on now」ですね。ライブでは皆と一緒に合唱できたらいいと思いますね。

 

――口を大きく、遠慮せずに?
AKINO はい。
はい。私よりも大きく口を明け 大きな声で!!(笑)。

 

――『艦これ』のEDを担当する西沢幸奏さんは、『第一回フライングドッグ ・ オーディション』で「創聖のアクエリオン」を歌ったそうですね。
AKINO 課題曲が色々ある中から「創聖のアクエリオン」を選んだと聞いて、すごく嬉しかったです。なんだか、自分のことを思い出しました。自分も14歳の時に『創聖のアクエリオン』に出会ってソロデビューしたので。多分彼女もすごく緊張していると思うんですよね。なので応援してます。私はプレッシャーを感じて、三年間ぐらい歌えなかったことがあるんです。音楽自体を怖がって、歌の途中で途切れたこともあるし、ステージに立つと心が痛くなるぐらい緊張したこともありました。お客さんは自分を応援してくれてるんだけど、自分をどう評価しているのかがすごく怖くて。でも、そうやって、音楽を楽しみながら強くなっていくのかもしれません。

 

――いつの間にか目標とされる側になりましたが、これまでの10年を振り返ってみていかがですか?
AKINO 変わりましたね。14歳でデビューした時はすごくシャイで、いつも兄弟の後ろに隠れてる存在だったんです。自分の意見さえ言えない自分には「~アクエリオン」を歌う事は無理だと最初は思ったんです。でも、兄妹や家族、ファン、皆様のサポートがあってできたんですね。その後、歌えなくて音楽が楽しくなくて、ステージが終わると毎回泣いていた三年間もありました。ある時、お兄ちゃんがbless4ワンマンライブのテーマとして「Let’s Have A Party」という曲を作りました。「この曲のテーマは楽しむことだ」「音楽ってどう書く? 楽しい音って書くよね」って言ったんです。その時、すごくビックリしました。この三年間自分は苦しい音を歌ってきた。お母さんもステージを見る度にすごく心配をしていた。「自分が楽しくなければ人には楽しい音楽を伝えられない」「逆に不幸せを与えてしまうことを自分はずっとしてきたんだ」って感じたんですね。そこから自分の頭を整理して、楽しく音楽と触れ合うこと少しずつ変わりだして、今では歌う事が 音楽が楽しくてしょうがないんです。

 

――では、10周年となる今年の目標を。
AKINO 『艦これ』にちなんで、じゃないですけど(笑)、『AKI-コレ』っていうのがあるんです。自分の夢であるAKINOのファッション・ブランド開設にあたって『AKI-コレ』を開催し始めました。デビュー以来ステージ衣装をデザインし制作してきましたが 去年12月に第1回『AKI-コレ~AKINO’S Fashion Collection~』を開催してファッションショー・展示会をやりました。今年も6月と12月に開催する予定なので、是非見に来てほしいですね。歌に関しては、もっといろいろなジャンルに挑戦していきたいです。『甘城ブリリアントパーク』でも『艦これ』でも全く違うジャンルを歌えたのがすごく楽しくて。自分はこの曲に合ってる、この曲だとこの声が出る、っていう新たな発見ができるので違うジャンルにもっと挑戦したいです。

 

――最後に、アニカン読者へメッセージをお願いします。
AKINO 皆さんも「海色」を聴いて、前に進んでください。人生を歌った曲なので、2015年になったばかりの今、聴くにはいいタイミングだと思います。落ち込んだ時、苦しい時、絶望した時もあると思うけど、暗闇だった過去の自分には「一撃」をして、2015年は”爆ぜ”た気持ちでスタートしましょう!

 

――AKINO from bless4 ニューシングル「海色」インタビュー前篇はコチラ

 

AKINO from bless4 ニューシングル「海色」2015年2月18日発売

TVアニメ『艦隊これくしょん -艦これ- 』OPテーマ|VTCL-35202|¥1,400+税

akino270218_海色①海色 ②Just Moving On Now ※①②のInstrumental ver.を含む全四曲収録

AKINO with bless4 ニューアルバム『Decennia』2015年3月25日発売

「パラドキシカルZOO」「イヴの断片」「君の神話~アクエリオン第2章」「月光シンフォニア」「ZERO ゼロ」「Genesis of LOVE~愛の起源」「エクストラ・マジック・アワー」「Jet Coaster Ride」を含む全13曲を収録

初回限定盤|CD+DVD|VTZL-98|¥3,400+税
・MV「エクストラ・マジック・アワー」ほかを収録したDVD付

通常盤|CD ONLY|VTCL-60386|¥2,900+税

発売元:フライングドッグ 販売元:ビクターエンタテインメント

 

LINEで送る

コラム

         

インタビュー

ミュージック

         

新作アニメ&特撮

人気プログラム

インタビューカテゴリの最新記事