INT #ZAQ|Philosophy of Dear World:8th Single Interview

INT #ZAQ|Philosophy of Dear World:8th Single Interview
LINEで送る

zaq2701アー写「タイトルに “Philosophy” を入れることは決めてました。“World” か “One” かでは悩んだんですけど、ここはデッカく!」(ZAQ)。TVアニメ『純潔のマリア』のOPテーマを深く捉えることで生まれたタイトル曲に、今まで以上にポップでキュートなZAQが見られるカップリングナンバー。彼女が常に掲げる“愛”が詰まった一枚です。

文/清水耕司(ボーグナイン)

作品のテーマはシンプルなのでストレートに“愛”を表現しました

――『純潔のマリア』の主題歌を、という話を聞いた時の感想は?
ZAQ お話をいただいたのは去年の6月ぐらいだったんですよ。原作を読んだことはあったので、すぐに全巻を読み返してみたんですけど、改めて本当に面白い作品だったので「来た!」って思いました。人間の哲学やいろいろなものが凝縮されていて、知り合いにもいっぱい薦めましたね。皆から、「面白い」「いい曲書かないと」って言われたので気合入れました(笑)。

 

――曲に関しては、どんな風にイメージを膨らませましたか?
ZAQ お話を聞いた段階では、神様が登場する世界なのでゴシックっぽいのがいいかと思って、結構悩んでいたんですよ。でも、(アニメ制作サイドから)「怖くしないでほしい」ってまず言われて。「かっこよさを残しつつも明るく」って。「それならZAQの色を崩さずに作れるかな」と思いました。実際、原作を読み解くとテーマは単純なんですよ。「愛」のことだけ言ってる。シンプルな物語なので、「曲もあまり複雑にしない方がいいのかな」と思いました。

 

――歌詞では作品のどういった部分を描こうと考えましたか?
ZAQ 主人公の葛藤ですね。マリアって、神様への疑問や平和とは何かということを考えたり、誰かを救いたいという基本的な本能だけで動いたりしてるんですけど、思うように世界は動いてくれなくて……。そのあたりの苦悩を書こうと思いました。ただ、一番大切な作品のテーマっていうのは、身近にいる大好きな人を愛する、ってところなんですよね。だから、「私は愛を知った」という言葉を曲の頭に持ってきて、葛藤はその後ろのほうで書き進めるって構成にしました。

 

――その歌い出しは、強く歌い上げるのかと思ったら最後にエフェクトをかけて濁してますね。
ZAQ あそこはハッとさせたかったんですよ。「私は愛を知った」という定義に対して疑問を抱かせたいというか。爽やかにパーンって始まってそのままサビまでパーンって行ってパパーン! っていうよりは一回ドキッとさせたかったんです。ただ、ライブでは盛り上がりづらいです(笑)。でもその後にイントロがありますからね。そこからすぐAメロ、って形だったらお客さんもジェットコースターに乗り損ねた感じになっちゃいますけど(笑)。

 

――歌うときに気をつけたポイントはありましたか?
ZAQ というか難しかったです(笑)。自分ではシンプルなメロディを作ったつもりだったんですけど、周りからは難しいって言われて。「今までに比べれば……」って思って歌ってみたら、実際難しかったです(笑)。次に作る曲は簡単にします。「子どもでも歌える曲」って課題がプロデューサーから出されたので(笑)。

 

――でも、カップリング曲は少しそういう方向性を感じさせますよね。
ZAQ そうですね。「絶好調~」は「とにかく明るく」「メジャーコードで」「ライブで盛り上がる」って曲にしようと決まったので。あと、私としては各楽器パートのソロを入れたかったんですよね。そうしたら、「ここはライブでもソロが来るな」って一瞬で分かるじゃないですか? だから、レコーディングもライブを一緒にやってるメンバーにお願いしました。いやぁ、皆さんこだわるこだわる(笑)。出せる限りの超絶技巧を出してくれてます。

 

――もう一曲のカップリングでは、可愛いZAQさんが見られますね。
ZAQ 「もう曲のネタがない!」ってなってたんですけど、プロデューサーから「春先なので別れと出会いを書いた桜色っぽい曲を」「1月発売なので、3月に歌ってもらえるような曲にしましょう」って話が出て。それで作りました。上京したての女の子が慣れない東京でも頑張っていく、って曲ですね。すっごい生々しい詞になってます(笑)。

 

――ZAQさんの経験ですか?
ZAQ いや、全然(笑)。私、ホームシックにかかったことないので。完全妄想ですね。でも、「おいしいコーヒーが売ってた」は友達の経験なんですよ。「駅前に美味しいコーヒー屋さん見つけたよ」とか言われたことがあって。「へー」とか思ってたんですけど、今回使わせてもらいました(笑)。

 

――三曲全てで、そしてジャケットでも見たことのないZAQさんが登場しますね。
ZAQ ジャケットは、「Philosophy of Dear World 」で書いた「神にも人間にも中立」というマリアの立場からのイメージで撮影しました。「白」とか「世界を見つめるマリア」というところをテーマに、「地球儀に寄り添いながら祈りを捧げる女性」というイメージで撮影しました。でも、「なんだこれ?」っていうコルセットを締めてるところがZAQらしいですね(笑)。

 

――2月には初の東名阪ツアーも迫っていますね。
ZAQ いつも、違う一面、色々な自分を見せたいと思ってるんですが、その中での「ZAQっぽさ」というのを今年は見つけ出そうと思ってて。その第一弾に相応しいシングルだと思うので、ライブに来る皆にはぜひシングルを聴いてきてほしいですね!

 

ZAQ 8thシングル「Philosophy of Dear World」2015年1月21日発売

TVアニメ『純潔のマリア』OP主題歌

zaq270121アニメ_jkzaq270121アーティスト_jk①Philosophy of Dear World ②ハルイロライフ ③絶好調 UNLIMITED ④Philosophy of Dear World(Off Vocal)

アーティスト盤|CD+DVD|LACM-14302|¥1,800+税|撮りおろしジャケット
・MV「Philosophy of Dear World」とメイキングを収録したDVD付

アニメ盤|CD ONLY|LACM-14303|¥1,300+税|『純潔のマリア』描きおろしジャケット

発売元:ランティス|販売元:バンダイビジュアル

ZAQ First LIVE TOUR 2015「NEXT Lab.」

2月11日(水祝)BIG CAT(大阪) OPEN 16:30/START 17:30
(問)サウンドクリエーター 06-6357-4400
2月21日(土)名古屋ElectricLadyLand(愛知) OPEN 17:00/START 18:00
(問)サンデーフォ―クプロモーション 052-320-9100
2月22日(日)Zepp Tokyo(東京) OPEN 17:00/START 18:00
(問)キョードー東京 0570-550-799
チケット税込¥6,480(3歳以上有料/1ドリンク別)※整理番号付

~Anisong World Tour~ Lantis Festival 2015
ソウル公演 4月4~5日

 

LINEで送る

コラム

         

インタビュー

ミュージック

         

新作アニメ&特撮

人気プログラム

インタビューカテゴリの最新記事