BACK-ON シングル「セルリアン/Silent Trigger」インタビュー前篇

BACK-ON シングル「セルリアン/Silent Trigger」インタビュー前篇
LINEで送る

アニメとゲーム、豪華なダブルタイアップを携えた15枚目のシングル

backon261217アー写テレビ東京系アニメ『ガンダムビルドファイターズトライ』オープニングテーマとして放送中の「セルリアン」、そしてPlayStation3/PlayStation Vita用ソフトウェア『ガンダムブレイカー2』テーマソング「Silent Trigger」を収めた両A面ニューシングルが12月17日リリースされた。BACK-ONのロックとガンダムの親和性を、再び感じることのできる一枚に仕上がっている。

文/塚越淳一(FAMiLIES)

精神的に追い込まれていた時期でしたが、「限界なんてない」って歌詞に奮い立たせられて(KENJI03)

――「セルリアン」ですが、制作のタイミング的にはアルバム『RELOAD』と同じくらいだったんじゃないですか?
TEEDA そうですね。夏休み返上スタイルで、ずーっと制作してました(笑)。『ガンダムビルドファイターズ』からだと三期連続の三曲目なので、不安とプレッシャーがすごくありました。前の二曲を超えられるのかと思いながら、デモもいっぱい作って。

――重圧はありますよね。
KENJI03 でも、今回の話をいただいた時に、ギラギラしている攻めの姿勢というか、自分たちがガンダムの主題歌を作るんだっていう強い気持ちを、ここで出し切ろうと思いました。ビビって受けていくより、攻める。一番自分たちらしい曲に仕上がったんじゃないかと思ってます。

TEEDA 三曲目って鍵になるというか、試される感じがして。一期目は初めましてだし、二期目は違った一面を出して、こういうバンドなんですって、好きになってもらう。じゃあ、そこから何を出すかというのが重要で、ものすごく悩みました。アニメの世界観を損なわず、自分たちらしさを出す。その時に、自分たちの心情的に「限界なんてない」んだっていう気持ちが出てきて。で、自分たちらしさって何だろうと考えると、それは自分たちが経験したことでしかないんだってことに気付いて、それを詞にしました。

GORI 同じ作品の主題歌を続けることって、ほかにないことなので、プレッシャーはありつつも、これをずっと続けていきたいなという気持ちはありました。アニメ自体、個人的に楽しめていたので(笑)。その三曲目で「限界なんてない」というメッセージを、シンプルに、自分たちの等身大でぶつけることができたのはすごく嬉しいですね。

――「限界なんてない」って、ありきたりな言葉ではあるけれど、ウソがない気がしたんです。
TEEDA それは僕らの経験上で書いているからですよね。12年間バンドをやってきて、今この位置にいるのが成功だったのか。近道だったのか、遠回りだったのか、自分たちにしかわからないことだし、12年かかって、やっとガンダムの主題歌をやれるようになった。やりたいことをずっと継続することが近道なんじゃないかなって。

――そういうリアルな感情だから、歌にもそれを込められた?
KENJI03 この曲をレコーディングした時って、自分たちも精神的に追い込まれていた時期で、個人的に体調も良くなく、喉も壊していたんです。自信もなかった中、全力を出さないといけない。でも、この歌詞にある「限界なんてない」っていう言葉を信じて、レコーディングで歌い終わった時は開けたというか。もっと自分を信じないといけないなって思いました。だから、すごく説得力が増した歌になったんじゃないかなと思います。

SHU 「限界なんてない」って、突き抜けた言葉じゃないところが響くと思うんですよ。限界があることをわかりつつも、信じたい気持ち。心のどこかで限界があると思っていても、それを度外視して考える、そういう曲になっていることに、この言葉の意味があるんじゃないかなって思います。

GORI この歌詞を見た時、マジでストレートだなって思ったんです。で、一回すごくアレンジをしたんだけど、しっくりこなくて。歌詞の意味もいっぱい考えて、話し合いながら音を削っていった結果、すごくシンプルになったという。サビも最初は広がりがあったんだけど、歌詞がまっすぐ来ないよねと思って、変えたりして。表現を突き詰めていった結果こうなったのが、面白いなって思います。

――「Silent Trigger」についてはいかがですか?
KENJI03 “破壊と共闘”っていうテーマを今回もいただいたので、イメージ的には『ガンダムブレイカー1』の延長というか。もっと力強く、という歌詞の世界観を作りつつ、尖らせていったら、結果激しい曲になりました。

GORI 「セルリアン」は言葉を大事にしてるから、言葉が前に出てるけど、この曲は両方前に来る。言葉だけじゃなく、音でも威圧するような感じなんです。

SHU ギターも、戦闘っぽさを出したくて、もともとなかったリフを入れたり。イントロから、みんなテンションが上がるようにできたなって思います。

 

BACK-ON「セルリアン/Silent Trigger」2014年12月17日発売

backon261217CD+ガンプラ盤_ジャケ写SINGLE+プラモデル|CTZR-40367|¥2,700+税
・プラモデル「HG 1/144 グフR35 プラフスキーパーティクルクリア Ver.」同梱

backon261217CD+DVD_ジャケ写backon261217CD ONLY_ジャケ写

SINGLE+DVD|CTCR-40368/B|¥1,944+税|●MV「セルリアン」と赤坂BLITZで披露された「ニブンノイチ」「with you」のLive Movieを収録したDVD付

SINGLE|CD ONY|CTCR-40369|¥1,080+税

①セルリアン(TVアニメ『ガンダムビルドファイターズトライ』OPテーマ)
②Silent Trigger(PS3/PSVita用ソフト『ガンダムブレイカー2』テーマソング)
※①②の~instrumental~を含む全四曲入り

発売元・販売元:エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ

BACK-ONニューアルバム『REROAD』も好評発売中

 

EVENT nakashima presents 年末の3マン vol.2

12月26日(土)東京・吉祥寺SHUFFLE OPEN 18:30/START 19:00
出演:SETUNACREWS/BACK-ON/DOPPEL
チケット前売¥3,000/当日¥3,500(※ドリンク代別)

 

 

LINEで送る

コラム

         

インタビュー

ミュージック

         

新作アニメ&特撮

人気プログラム

インタビューカテゴリの最新記事