小松未可子 6thシングル「Latimer road」インタビュー

小松未可子 6thシングル「Latimer road」インタビュー
LINEで送る

komatsu261105アー写11月5日にリリースとなる小松未可子の6thシングル「Latimer road」は、賑やかしくもどこか心落ち着くアットホームな曲に仕上がっている。そんな温かみのあるシングルを発売直後には、三年目となる『ハピこし!ライブ~小松未可子生誕イベント~』も開催。ウキウキソワソワするみかこしが、心境を語る。

文/編集部

ぽんっと背中を押してくれて、気持ちが少し楽になるような曲に

――軽快でありながら賑やかしい「Latimer road」、どういったコンセプトで制作を?
小松 「みんなが集まりゃなんとかなるから」という歌詞があるのですが、まさにこれがテーマになっています。最近、元気になれるニュースがあまりないよね……というところから、具体的な応援が出来るわけじゃないけど、ぽんっと背中を押してくれて気持ちが少し楽になる曲にしたいなと。今回、よくお世話になっているナカムラヒロシさんに制作してもらったのですが、ナカムラさんが実際にイギリスの「Latimer road」にも実際に赴かれようで。現地の方々のからりとした雰囲気や空気感が伝わる曲になりました。

 

――歌詞にもそれが投影されていて。
小松 「君の好きだったコーヒーをがぶ飲みして」というフレーズがすごく好きですね。相手のことを思いながら……ちょっとやけくそ気味にコーヒーをがぶ飲みする主人公が浮かんできたりして、微笑ましいなあ……と。まぁ、私はブラックコーヒーが苦手だったりしますが(笑)。あと、「世界は僕の想像を越えてった さよならバイバイお疲れ様でした」っていう歌詞は、ナカムラさんだなって。この投げやりな感じをあっさりと言ってしまうのが、逆に響いてきました。レコーディングの際に入れた、アドリブの笑い声があるのですが、それによりいつもの仲間と接している日常的な空気感が出て、とても愛おしいフレーズになりました。

 

――そんな「Latimer road」のMVは長回しの一発撮りだったそうですが。
小松 初めての経験でしたが、アドリブ的なお芝居要素も盛りだくさんだったので、ある意味ショートムービーを撮っているような感覚がありましたね。普段私がお世話になっている方々に出演していただいたり……ハプニングがあったり、なかったり……!? いろいろなところに面白い要素が詰まっていますので、探しながら見てください(笑)。

 

――本シングルは発売形態によって異なるカップリングが収録されますが、まず初回限定盤の「MAGIC RADIO」について。
小松 まず初回限定盤のカップリング「MAGIC RADIO」は、みんなで掛け合いがたくさんできる「Latimer~」とは違った賑やかさのある曲になりました。一年以上パーソナリティーをやらせていただいている『リッスン? ~Live 4 Life~』の11月度EDテーマにもなっていて、、いつかこういったコラボができたらいいなあと思っていたので、実現出来て本当に嬉しいです! 思わず口角があがってしまう、おやすみなんて言えなくなるようなテンションに誘います(笑)。

 

――コールでは全力ではっちゃっけていますよね(笑)。
小松 台詞部分や、途中の「I’m hungry…」「やったー!」とさりげなく(?)叫んでいるところは、もう好きにやってください! ということだったので、好きにやりました。あとで組合わさったものを聴いたら、なんというテンションだ……と(笑)。

 

――そして、通常盤に収録される「フリルとタイト」は、小松さん自身の作詞作曲ですが。
小松 前回は、ギターでコードを先につけてからメロディーだったのですが、今回はガレージバンドを使用して、そこに入っているいろんな音色を組み合わせてメロディーを作り始めました。相変わらずコード進行とかの原理はよくわかっていないので、自分の歌いたいようなメロディーをオケに合わせて入れて行く作業でしたね。なので、あまりAメロ・Bメロ・サビといった概念のない曲に仕上がっちゃって、これはアリなのかな…? と最後まで不安で(笑)。

 

――ダークでありながらもカッコイイ曲ですよね、今回はどういったアプローチで?
小松 今回は「自分の壊したい部分」がテーマでしょうか。自分のイメージは自分でしか覆せないし壊せない、「なりたい自分」と「ありたい自分」で葛藤する曲を作ろうと考えました。カッコつけるのが好き、でも女の子らしい服も着てみたい。
オトナな女性になりたい、でもなりきれない、どこか幼くありたい。自分から逃げ出して、自分を追いかけている。そんなイタチごっこな空間を表現したいな……と。振り返ってみると、中学の頃からそんな思想は変わっていないのかもしれません(笑)。

 

――11月9日には渋谷公会堂にて『ハピこしライブ!~小松未可子生誕イベント 2014 ~』が開催。今年で三回目となりますね。
小松 誕生日って、どこかいつもそわそわしながらも憂鬱な時間でもあったのですが、ハピこしライブをやるようになってからは、今度は何をしようか! と考えるのが楽しくて楽しくて。“お祝い”というよりは、誕生日にかこつけて「みんなで一緒に集まって楽しもうよ!」というライブという認識で、お祭りのようになったらいいな、と思っています。ついでに年齢を重なりますが(笑)。

 

小松未可子 6thシングル Latimer road 2014年11月5日発売

komatsu261105初回盤発売元/販売元:キングレコード

初回限定盤 CD+DVD 

KICM-91548 ¥1,800+税

・MV「Latimer road」を収録したDVD付

①Latimer road
②MAGIC RADIO
文化放送『リッスン?~Live 4 Life~』11月度エンディングテーマ)
※①②のoff vocal ver.を含む全四曲収録

komatsu261105通常盤通常盤 CD ONLY 

KICM-1549 ¥1,200+税

①Latimer road
②フリルとタイト
※①②のoff vocal ver.を含む全四曲収録

ハピこし!ライブ~小松未可子生誕イベント2014~

11月9日(日)【東京】渋谷公会堂 SOLD OUT
OPEN 16:00/START 17:00

 

全国8都市でライブビューイング決定

【札幌】シネマフロンティア●【宮城】MOVIX仙台●【新潟】ジョイ新潟万代●【埼玉】MOVIXさいたま●【大阪】梅田ブルク7●【名古屋】ミッドランドスクエアシネマ●【広島】広島バルト11●【福岡】ジョイ博多

ライブビューイングチケット税込¥3,900(全席指定/3歳以上有料/3歳未満で座席が必要な場合は有料)

ライブビューイングチケットはコチラから

小松未可子「Latimer road」発売記念ミニライブ&お渡し会

11月06日(木)【東京】タワーレコード新宿店 7F イベントスペース
11月24日(月祝)【埼玉】イオンレイクタウンKaze 1F 光の広場
11月30日(日)【大阪府】あべのキューズモール

LINEで送る

コラム

         

インタビュー

ミュージック

         

新作アニメ&特撮

人気プログラム

インタビューカテゴリの最新記事