原由実ニューシングル「Crossover」インタビュー

原由実ニューシングル「Crossover」インタビュー
LINEで送る

harayumi261029_Crossover_web7月に行われた1stソロライブも大成功、アーティストとしても注目を集める原 由実が五枚目のシングルをリリースする。これからレコーディングに臨むという「Crossover」は、表題曲としては初のノンタイアップ。新たな挑戦が詰まった“原 由実ワールド”に期待は高まる!

文/幡野敬

聴く人がポジティブになれる、そんな世界を作りたいんです

――シングルの表題曲としては初のノンタイアップですね。
 そうなんです。タイアップのときは、その作品のことをすごく意識しながら歌わせていただくんですけど、今回は「Place of my life」(1stアルバムのタイトル曲)のように、等身大の曲を作ろうということで始まったんです。そこからさらにちょっと背伸びして、違った面も見せられたらいいなと思って。

――こんな雰囲気の楽曲にしたいというのはあったんですか?
 私は爽やか系のロックが好きなんです。でも、それだと今まで歌ってきたものに似てくるかもしれないので、そこに激しさも感じられるようなものにしたいなというのがあって。コンペだったんですけど、偶然にも選んだものが、Johnny.kさんの曲だったんです。

――「Place of my life」の作・編曲者で、原さんのライブでもドラムを叩いていましたよね。
 運命的というか、ほんとビックリ(笑)。「Place of my life」のほかにも数多くの曲を作っていただいていて、自分とは相性がいいなと思っていたんです。

――疾走感のある爽やかなロック・チューンですが、イントロだけ聴くとヘヴィな印象も。
 そこのギャップもまたいいなって(笑)。今まで私にはなかった激しさがあって、それプラス本来の明るさも入っているんです。

――サビの“Crossover~”の抜け感も爽やかで拡がりがあって。
 そうですよね(笑)。歌詞もコンペで集めていただいたものを、全部声に出して歌ってみたんです。詞の内容もそうなんですけど、私は音へのはまり方とか気持ちよさを重視しているんですね

――歌詞はワタビサコさんですね。
 「風のオーケストラ」の作詞をしていただいた方なんです。詞曲とも今までお世話になった方たちなので、なんか安心感がありますね。

――「Crossover」というタイトルも意味ありげで(笑)。
 いつもはタイトルを後から付けるんですけど、今回は詞曲よりも先に、まずタイトルが生まれたんです。私にとってはすごく大きなことであった初めてのソロライブ。それを経てのシングルということで、レベルアップした歌を届けられたらいいなと思っていたんです。過去の自分と未来の自分、ライブ前の自分のライブの後の自分が交差していく、そんな意味を込めた言葉が、最初に出てきたんです。

――これからレコーディングということですが、特に意識していることはありますか?
 この曲の難易度を感じさせずに(笑)、爽快さをちゃんと声に乗せたいですね。自分の歌がその世界観を壊さないようにというのは思っています。

――カップリングの「Dear blue sky」は、すでにソロライブで歌ってますね。
 歌うのはレコーディング以来だったので、緊張しましたね。この曲はほんと難しかったんです。レコーディングでは、私が(こう歌おうと)作っていったものと180度違うオーダーがあって……。

――瞬発力が試される場面が(笑)。
 明るく元気に、うたのおねえさんみたいに歌おうと思っていたんです。そうしたら「『Snow Drops』のような雰囲気でお願いします」って言われて(笑)。

――「Snow Drops」ってバラードですよね。
 曲調が全然違うっていう(笑)。囁くように歌っていたので、ポップなこの曲をどう表現したらいいんだろうって。苦戦しました。でも、ライブではウィスパー・ヴォイスでテクニカル的に歌うとどうなのかなっていうのもあったので、もう自由に歌わせていただきました。

――聴きどころとしては?
 “シャララランララ~”といったコーラスとか、かわいさもこの曲にはあるんです。本線じゃないところで聞こえる私の声にも注目してもらいたいですね。

――ちなみに「Crossover」をライブで歌うイメージって浮かんでいますか?
 絶対にライブ映えする曲だなって思うんですよ。生バンドをバックに歌うことでより光り輝くんじゃないかなって。それってバンドの皆さんの力によるところも大きい。なので私もそれに負けないパフォーマンスをしたいなと。

――ソロライブではピアノの弾き語りもやったんで、この曲ではギターとかを手にして?
 えっ?? 持つだけだったら全然持ちますよ~。

――(笑)。ともあれ次なるステージを見据えた、このシングルで新たな原さんの歌が楽しめますね。
 個人的にうれしいのは、向いているベクトルは違うにせよ、カップリングも含めて三曲とも明るいんですよ。なのでポジティブな人はさらにアガるはずですし、ネガティブな人も前向きな気持ちになれる、そんな世界をこのシングルを通して作りたいんです。それが“原 由実ワールド”になればいいなと(笑)。

 

原由実 ニューシングル Crossover 2014年10月29日発売

harayumi261029_FVCG1318_webDVD付盤 FVCG-1318 ¥2,300+税

・MV「Crossover」とメイキング映像を収録したDVD付

通常盤 FVCG-1319 ¥1,700+税

発売元:5pb.

販売元:KADOKAWAメディアファクリー

 

①Crossover

harayumi261029_FVCG1319_web②Dear blue sky

③虹色

④Crossover – off vocal –

⑤Dear blue sky – off vocal –

⑥虹色 – off vocal –

 

 

原由実 5th シングル「Crossover」発売記念イベント

11月9日(日)刈谷市産業振興センター あいおいホールステージ
OPEN 12:45 / START 13:00 ※入場無料(要整理券)
刈谷アニメコレクション2014

11月22日(土) AKIHABARAゲーマーズ本店(トーク&ライブ)
OPEN 12:30 / START 13:00 / END 14:00

11月22日(土) とらのあな秋葉原店C 4F イベントフロア(トーク&ライブ)
OPEN 16:00 / START 16:30 / END 17:30

11月23日(日) アニメイト吉祥寺店(握手会)
OPEN 12:30 / START 13:00 / END 14:00

11月23日(日) アニメイト新宿店(お渡し会)
OPEN 16:30 / START 17:00 / END 18:00

11月29日(土) とらのあな名古屋店(トーク&ライブ)
OPEN 12:30 / START 13:00 / END 14:00

11月30日(日) ゲーマーズなんば店(トーク&ライブ)
OPEN 12:30 / START 13:00 / END 14:00

11月30日(日) アニメイト大阪日本橋店(トーク&ライブ)
OPEN 16:00 / START 16:30 / END 17:30

 

LINEで送る

コラム

         

インタビュー

ミュージック

         

新作アニメ&特撮

人気プログラム

インタビューカテゴリの最新記事