SCREEN mode『NATURAL HIGH DREAMER』インタビュー

SCREEN mode『NATURAL HIGH DREAMER』インタビュー
LINEで送る

screen261008アー写SCREEN mode 1stミニアルバム『NATURAL HIGH DREAMER』INTERVIEW

勇-YOU-と雅友のユニット、SCREEN modeの1stミニアルバムは全部新曲! 夢に向かって突き進んできたふたりの想い、そして“スクモ”の可能性と未来が見えてくる。遊園地みたいな様々な楽しさが1枚に。更にワンマン、ニューシングル、そして一周年へ……!

文/永井和幸

みんなを楽しませたいし、僕らも楽しみたいです(勇-YOU-)
様々な表情=SCREENが見せられたら(雅友)

――今回なぜフルアルバムではなくミニアルバムに? 
 ミニアルバムのほうが密度の濃い作品を作れるかなって。
雅友 今後ずっと印象が残る一枚になるし、初めての方の入口にもなる、カタログ的な要素もあるので気合が入りました。
 新しいスクモも見ていただける1枚になったと思います。

――アルバム名の由来は?
 夢だった音楽活動を始めて約一年、夢心地のまま目まぐるしく時間が流れる僕の今を表すにはこの言葉しかないかなと。また同世代の人には少年の時の何も恐れなかった気持ちを思い出してほしいし、夢を追う若い人達にもエールを送れたらという願いも込めて付けました。

――今作のコンセプトは?
 夢が一つの大きなテーマで。
雅友 お祭りや遊園地みたいにいろいろな楽しさがありつつ、今まで同様に様々な表情=SCREENが見せられたらと。

――一曲目にIntroduction、「Crystal Kiss」前にInterludeとインストを置いたのは?
雅友 Introductionはライブ感を意識しつつ、出ばやしにも使えるかなと。また打ち込みサウンドの「STAR PARK」から生っぽい「Crystal Kiss」へ違和感なく移り変わるように、曲順や構成にもこだわりました。

――では五曲の歌の解説を。まず「ROCKET SOUL」はアッパーでOPナンバーらしい曲。
 ひたむきに燃えたぎるように夢に向かって突っ走る感じです。ファンの人が好きなスクモらしいキャッチーで元気な曲に。
雅友 またライブでこの曲で瞬間点火して盛り上がるイメージですね。ライブが多くなったからこの流れになったのかも。

――続く「STAR PARK」も明るく楽しいダンスナンバーで。
雅友 四つ打ちでグルーヴ感があって、ギターも鳴らして。
 コンセプトが一番色濃く出ているのがこのリード曲です。何かを願う気持ちのエネルギーはとてつもなく大きくて、膨らまし続ければ夢は叶うよというメッセージと、僕も夢の途中でみんなと一緒に進んでいきたくて。
雅友 “WOWWOW”などライブで一緒に歌えるフレーズも随所にあるライブチューンです。

――「Crystal Kiss」は悲しい恋を歌ったバラードですね。
 雅友さんからせつないメロディが届いたので、せつない歌詞を書いて情感を込めて歌いました。
雅友 こういう曲は僕らしいけど、スクモではまだ見せてなくて。せっかくのミニアルバムだからそこも見せたかったんです。
 押せ押せの曲が多いのでいいアクセントにもなってたかな。歌詞にある“雪のように降り積もる”のように、秋から冬にかけて浸って聴いていただけたら。

――“形見”を意味する「MEMENTO」はエモーショナルなギターロックです。
 夢を追っているといいことばかりじゃなく、落ち込む時もあって。そんな不安を振り切って進む強さを表現してみました。一番荒々しくワイルドな曲かも。
雅友 ヘビー系だね。望んでいる重い音が出せなくて、この曲用にギターを改造しました。試行錯誤しながら作ったので、本物感がある音に仕上がったかな。

――「Hello HALO」の“HALO”は“惑星の光の環”の意味で。
 “Hello”と並べると語感もいいし、“栄光をつかむ”みたいな意味合いにもつながるかなと。
雅友 結成当初からライブでやっていた曲です。まだスクモの曲が少なかった頃に勢いで作ったので今回しっかりと作り直しました(笑)。
 まだ三回くらいしかやってないけど、聴いたことがある人は変わりように驚くと思う(笑)。ポップで勢いがあるスクモらしい曲で最後は締めくくりました。

――DVD収録の「STAR PARK」のMVは衝撃的でした。
 今Youtubeで公開中のショートバージョンの感想をTwitterでいただいたんですが「よくわからないけどいい」と(笑)。外国人が踊ってたり、ファイアーダンスやカポエラやってたりしてますからね。
雅友 僕は演奏シーンの撮影が早く終了して楽曲制作のほうに戻ったので完成映像を見てビックリ。
 あれはいろいろな音楽の中心にスクモがいるという設定なんです。またそれぞれ失敗シーンもあって、再起するところも。ぜひフルで見てほしいです。ジャケットもおもちゃやオブジェを置いてサーカス感があって、視覚でも楽しめるアルバムです。

――発売直後にはイベント、そして11月3日に初ワンマン!
 しかもデビュー一周年直前! どうなるかまだ想像がつかないけど、みんなを楽しませたいし、僕らも楽しみたいです。
雅友 ワンマンライブのチケットは完売してしまったのですが、今後イベント出演やミニライブをやりますので遊びに来てください。

――11月5日には早くもニューシングル「アメイジング ザ ワールド」がリリースされます。
雅友 『ガンダムビルドファイターズトライ』のED曲で、パワフルでのれる、ワールドワイドなロックチューンです。
 友情や結束力という作品テーマとリンクして、「光の見える先へ一緒に行こうぜ」と。またファンのみんなへのメッセージも込めて。二年目のスクモも“NATURAL HIGH”で突っ走りますので、よろしくね!

 

SCREEN mode 1stミニアルバム NATURAL HIGH DREAMER

screen261008ジャケット2014年10月8日発売 CD+DVD LACA-15457 ¥2,500+税

①~Introduction~
② ROCKET SOUL
③ STAR PARK
④~Interlude~
⑤ Crystal Kiss
⑥ MEMENTO
⑦Hello HALO

・MV「STAR PARK」/「LφVEST」収録DVD付

秋アニメ『ガンダムビルドファイターズトライ』EDテーマに抜擢!!
SCREEN mode 3rdシングル「アメイジング ザ ワールド」
2014年11月5日発売 LACM-14289 ¥1,300+税

発売元:ランティス 販売:バンダイビジュアル


SCREEN mode ファーストワンマンライブ ※チケットはSOLD OUT
11月3日(月祝) 【東京】渋谷CLUB CRAWL OPEN 17:00/START 18:00


15th Anniversary Live ランティス祭り 2014 with みちのくアニソンフェス
11月15日(土)【宮城】ゼビオアリーナ仙台

Original Entertainment Paradise 2014 神戸ワールド記念ホール Rainbow Carnival
12月6日(土)【兵庫】神戸ワールド記念ホール

アニメ『LOVE STAGE!!』プレミアムイベント ~All you need is LOVE STAGE!!~
2015年1月24日(土)【東京】ニッショーホール

 

LINEで送る

コラム

         

インタビュー

ミュージック

         

新作アニメ&特撮

人気プログラム

インタビューカテゴリの最新記事