榊原ゆい 9thアルバム『Amazing』インタビュー

榊原ゆい 9thアルバム『Amazing』インタビュー
LINEで送る

sakakibara_amazing榊原ゆい名義でCDデビューしてから10周年・・・8月27日に9thオリジナルアルバムをリリース

シングル「jewelry days」でCDデビューしてから10年、榊原ゆいが9thオリジナルアルバム『Amazing』をリリースする。常に斬新な発想で、ファンを驚かせてきたゆいにゃんは、やっぱりスタイリッシュで、カッコいい!

文/幡野敬

それこそずっと戦い続けているんですよ(笑)

――シングル「jewelry days」のリリースから10年なんですね。
榊原 今思うとあの頃は探り探りでしたね。「やっぱりかわいくしてなきゃいけないのかな?」「(エロスを押し出して)声優界の異端児になってしまっても大丈夫なのか?」と、様子をうかがってました。3rdシングル「Eternal Destiny」からですかね。自分を出して行こうと思ったのは。

――けっこう早い段階で、自らを解放したんですね。
榊原 背中に布がない衣装でジャケットを撮りましたしね。やっぱり榊原っぽさは“エロ”くて(笑)、かっこよくセクシーっていうところだと思うんです。

――今回の『Amazing』のビジュアルも、まさにゆいにゃんの真骨頂といった感じで。
榊原 原点に戻るというか、コンセプトは“バーレスク”。華やかなステージに立ってはいるけれど、その陰には苦労があり、いろんな想いが交わって、ここにたどり着いた強い女みたいな。紅いリップなんて久々につけましたよ。sakakibara限定差し替えジャケ

――ビジュアルのインパクトもさることながら、表題曲も“強さ”を感じさせる仕上がりで。
榊原 自分のことを書きたいなと思ったんです。ちゃんと信念を持って、ずっと活動してきた。仕事でも、人としてもゆずれないものがある。そんな強めな女を表現しています。でもそこには必ず愛があるんです! それをサビの歌詞にも入れました。「Amazing」というタイトルにしたのは、私の活動自体が奇想天外な感じだし、これからもそうありたいなというところからですね。

――サウンド的にはどういったオーダーを?
榊原 ダンスチューンにしたいと。メロディ、アレンジにも、ビジュアルや歌詞と同様に強さやセクシーさがほしくて。そこは「絶対お願いします」と注文しました。でも、自分のことを歌うっていうのは久々で、やっぱり、くすぐったかったですね。

――「Endless Fighter」もオリジナル曲なんですよね。
榊原 ほんとは戦いたくない。でも守るものがあるから戦うといった曲。これは音符が多くて歌詞を書くのが大変でした(笑)。

――テンポも速いですよね。
榊原 だから歌うのも大変で。400以上ある私の曲の中でトップクラスの難しさ。休みどころがなくて、パワーを出しっぱなしなんですよ。バックトラックもガツガツしているので、引くわけにもいかず……。そういう意味でもEndless Fighter(笑)、私も戦い続けていました。

――他のタイアップ曲についても、いくつかピックアップしてもらっていいですか?
榊原 各曲、声のレパートリー的にもバラエティに富んでいるので、楽しめますね。アルバムを通して聴くとわかるんですが、それこそずっと戦い続けているんですよ。「いくぜ~」「がんばれる!」っていう気持ちになれる、前向きな曲ばかりなんです。その中で「ひとなつの」は、私の作詞作曲なんですけど、私には“ド青春”といった曲があまりないので珍しいですね。それとフルバージョンの収録が初なので聴いていただきたいですね。かとおもえば「紅蓮獄華」。これはもうちょっとやらかしてる。

――漢(オトコ)のゆいにゃんがいますね。
榊原 私の芸風のひとつである男声。ポイントは荒々しさ。意外とこの漢ボイス、人気があるんですよね。そういうところにも需要があったんだなって改めて思いました。

――ライブでのパフォーマンスもたぎるものになりそうな予感。
榊原 “「紅ク染マレ、華ヨ」” というところはみんなで声を出してほしいですね。ライブではまだ歌ったことがないので、すごく期待してます。

――で、ボーナストラックには、マニアックな「いたいけなリビドー」が(笑)。
榊原 ほんと“(笑)”ですよね。榊原ゆいは2014年で10周年なのに、「これって2002年の曲じゃん」ってみんなで大笑い。まあ芸歴は何年かは言いませんが、あくまで榊原ゆいとしてCDを出してから10年、なので(笑)。

sakakibara通常差し替えジャケ――声もさらに若いし。
榊原 オリジナルだからこそのグッとくるものがあるなと思って、そのままボーナストラックとして入れました。作ってくださったさっぽろももこさんも「いいんですか~!」ってすごくよろこんでくださって。長く活動していると、意外なところでスポットが当たる曲もあるんですよね。それが醍醐味というか、面白さでもありますよね。

――10月には恒例のバースデーライブがあって。こういった形でのライブは今回がとりあえずラストなんですよね。
榊原 バースデーライブは、10年も続けてきた、私にとってとても大切な場所。決めるには覚悟はいったんですけど、ここで一度“バースデー”という枠を取り払って、純粋にコンセプトをゼロから決めるライブを作っていきたいという、前向きなラスト宣言なんです。

――次に向かうためには必要なことだったんですね。
榊原 だから10周年というタイミングで決断したんです。来年まで引き延ばして、11周年でラストってなるとスカッとしないというか、ちょっと気持ち悪いなと思ったので(笑)。とりあえず最後のバースデーライブ、やりたいことがありすぎて、どこまで詰め込めるか悩み、葛藤しながらも、今からワクワクしています!

 


sakakibara限定差し替えジャケ榊原ゆい 9thアルバム Amazing

2014年8月27日発売

限定盤 CD+DVD LXCH-0008 ¥3,800+税
・MV「聖剣なんていらない」とメイキング映像を収録したDVD付

通常盤 CD LXCH-0009 ¥3,000+税
①Amazing(オリジナル新曲)
②Endless Fighter(オリジナル新曲)
③聖剣なんていらない(TVアニメ『星刻の竜騎士』OPテーマ)
④memories remember U(MMORPG『トキメキファンタジーラテール』オリジナルソング)
⑤ひとなつの(PCゲーム『ひとなつの』OPテーマ)
⑥“光あれ”と願う心を(PCゲーム『レミニセンス  -Recollect-』OPテーマ)
⑦やがて消える幻でも(PC ゲーム『レミニセンス』OPテーマ)
⑧紅蓮獄華(PCゲーム『相州戦神館學園  八命陣』OPテーマ)
⑨ReANSWER(PCゲーム『新・白銀のソレイユ  -ReANSWER-』OPテーマ)
⑩美しき勇者(PCゲーム『戦国†恋姫  ~乙女絢爛☆戦国絵巻~』挿入歌)
⑪愛、羽風、亜、美遊時空  -I Have A Music-(PCゲーム『あっぱれ!天下御免 [祭]』OPテーマ)
⑫ココロルート(PCゲーム『ココロ@ファンクション!』OPテーマ)
⑬ANGELIC DESTINY(PCゲーム『ヴァニタスの羊』OPテーマ)
⑭路地裏猫の正体(PCゲーム『幻想童話 ALICETALE』EDテーマ)
⑮いたいけなリビドー(PCゲーム『学園カウンセラー』OPテーマ)

発売元:LOVE×TRAX/販売元:KADOKAWAメディアファクトリー


榊原ゆい Happy★LOVE×Live 2014

10月13日(月祝)【東京】EX THEATER ROPPONGI OPEN 15:45/START 16:30

チケット:通常席/女子席 税込¥6,800 (ドリンク代別¥500)

※10th特典付10thプレミアム席はSOLD OUT

【問】オデッセー 03-5444-6966(平日11:00~18:00)


榊原ゆいオリジナルアルバム『Amazing』発売記念イベント

9月6日(土)とらのあな秋葉原店C  11:30/12:00 トークショー&サイン会

9月6日(土)アキバ☆ソフマップ1号店 15:00/15:30 トークショー&ミニライブ

※参加方法等詳細は開催各店まで


Live5pb.2014 11月15日(土)TOKYO DOME CITY HALL

アイドルカレッジ/アフィリア・サーガ/彩音/いとうかなこ/今井麻美/奥井雅美/志倉千代丸/青SHUN学園/高橋名人/Zwei/nao/仲谷明香/流田Project/バクステ外神田一丁目/原由実/ファンタズム(FES cv.榊原ゆい)/marina/MIKOTO/吉田仁美/桃井はるこ/LAZY GUNG ※五十音順


榊原ゆいオフィシャルサイト

 

 

LINEで送る

コラム

         

インタビュー

ミュージック

         

新作アニメ&特撮

人気プログラム

インタビューカテゴリの最新記事