アニソンジュークボックス 0290 / #CARNELIAN BLOOD / #EROSION / Underdogs

アニソンジュークボックス 0290 / #CARNELIAN BLOOD / #EROSION / Underdogs
LINEで送る

アニソンジュークボックス ~今日、なに聴く? 0290

CARNELIAN BLOOD より
EROSION / Underdogs

河瀬タツヤのアニソンジュークボックス ~今日、なに聴く?

月曜日はキャラクターソングを特集。

第290回はメディアミックス企画『CARNELIAN BLOOD』から、2020年7月に発売されたEROSIONの1stシングルから「Underdogs」を紹介します。

 

『DIABOLIK LOVERS』『Dance with Devils』といった女性向け作品を数多く手掛けるコンテンツ会社・Rejetによる新たなメディアミックスプロジェクト『CARNELIAN BLOOD』。作中に登場する主人公バンドが、今回紹介するEROSION(エロージョン)です。

メンバーは赤刎トキシン(CV:千葉翔也)、杠葉ヨル(CV:ランズベリー・アーサー)、蓮巳ネィト(CV:鈴木崚汰)、雨宮ビャクヤ(CV:広瀬裕也)、染狩クレハ(CV:豊永利行)の5人で、全員がボーカルも担当する5-Vocal-Bandとして活動しています。

そんな彼らが歌う「Underdogs」は、一言で言えばカッコよさの塊。洋ロックやパンクのようなアプローチで展開されるシャウトの数々は、良い意味で男性声優の歌うキャラソンらしくない激しさが込められています。一番印象的なのは何度も歌う「Can’t ready, sunrise merge?」のパート。キャラクターごとに語尾の上げ方や抑揚に特徴が出ているほか、その後のセリフもそれぞれに個性があって面白いです。

YouTubeではキャラクターが登場するリリックMVのほか、キャストが出演する実写MVもアップロードされています。実写MVでは5人全員が汗を振り撒きながら激しいパフォーマンスを披露しており、その艶っぽさは女性だけでなく男性も見惚れてしまうほど。実写MVは2ndシングルでも作られているので、今後も定番になっていきそうです。『CARNELIAN BLOOD』が今後どういった展開を辿るのか、注目ですね。

 

EROSION / Underdogs

EROSION are 赤刎トキシン CV:千葉翔也、杠葉ヨル CV:ランズベリー・アーサー、蓮巳ネィト CV:鈴木崚汰、雨宮ビャクヤ CV:広瀬裕也、染狩クレハ CV:豊永利行

作詞:Daisuke Iwasaki
作曲;Shinnosuke
編曲:Shinnosuke

MV視聴 / Underdogs https://youtu.be/3RPnbqMz27U
MV視聴 / Underdogs https://youtu.be/d7Fz6_TpgT8

EROSION / From a Spicy Peak / 1st Single / 2020年7月22日発売

00. (INTRO) Vigilante / EROSION
Lyrics:Daisuke Iwasaki
Song/Arrangement:宮原康平
01. From a Spicy Peak / EROSION
Lyrics:Daisuke Iwasaki Song/Arrangement:野村勇輔
02. Underdogs / EROSION
Lyrics:Daisuke Iwasaki Song/Arrangement: Shinnosuke
03. Voice Drama “Dangerous Brothers”

REC-921 / ¥2,200+税 / Label:Rejet

公式サイト http://rejetweb.jp/carnelianblood/
公式Twitter @CARNELIANBLOOD
(c)Rejet


Profile

河瀬タツヤ|アニソンライター。2012年からアニソン情報ブログを運営するほか、同人サークル「アニソン ア・ラ・カルト」としてデータに基づくアニソン評論を執筆中。

 

 

 

LINEで送る

コラム

         

インタビュー

ミュージック

         

新作アニメ&特撮

人気プログラム

コラムカテゴリの最新記事