INT #堀江由衣|アシンメトリー:19th Single Interview 前篇

INT #堀江由衣|アシンメトリー:19th Single Interview 前篇
LINEで送る

horieyui271104初回s話題のTVアニメ『K RETURN OF KINGS』のOP主題歌を歌うは、櫛名アンナを演じる堀江由衣。その楽曲制作を担当したangelaは、アンナのキャラソンを含め、TV・劇場版で数々の『K』ソングを手がけると同時に、堀江にとってレーベルメイトとして旧知の仲でもある。3人はどのような雰囲気の中、楽曲を生み出したのか、堀江由衣の最新インタビュー前篇をお楽しみください。

文/清水耕司(セブンデイズウォー)

完成されている世界観に、できるだけ近づこうと思っていました

——今回のOPはどういう形でお話が来たのでしょうか?

堀江 アンナちゃんが二期では「王」として登場する、ということで白羽の矢が立ちまして。口数少ないアンナちゃんも王になったことで凛々しくなったし、「じゃあ歌ってみるか」という感じでしたね(笑)。ただ、『K』の主題歌というと、やっぱりangelaさんのイメージがあるので、「曲だけでもお願いできないんですか?」というお話をさせていただいていたら、作っていただけることになったんです。angelaさんはいつも、資料やシナリオを読み込んで楽曲を作られるので、曲が届くのが楽しみではあったんですけど、聴いたときには「私、できるかしら…」という気持ちになりました。

 

——それはどういうところで?

堀江 仮歌を歌ってくださったのがatsukoさんなので、もう完成されているわけですよ。なんか「このまま出しませんか?」みたいな(笑)。だから、その世界観に近づけられたら、という思いでした。atsukoさんのカッコ良さとか、あとサビ前の掛け合いをアンナちゃんぽく(笑)?歌っていらしたところとかは意識しました。でも、サビのセンテンスが長くて、そこで勢いをつけるの難しかったです。atsukoさんはサラッと歌われているので、サラッと歌えるのかと思ったら全然そんなことなくて(笑)。ただ、アンナちゃんっぽくもあり、私っぽくもあり、という曲になったと思います。

 

——angelaさんの曲を最初に歌ったのは、2004年の「on my way」でした。

堀江 そうですね。スターチャイルドフェスティバルでよく一緒させていただいて。angelaさんはああいう方たちなので、いつもフレンドリーに話しかけてくださるんですよ。それで、anjelaさんは楽曲提供されるイメージがなかったんですけど、お願いしてみたんです。

 

——昨年は久しぶりに、キャラクターソングではありましたが、angelaさんの楽曲(「 -レクイエム・オブ・レッド- 」「-フレイム・オブ・レッド-」)を歌いました。今作も含めて、angelaさんの曲に対してはどんな印象を抱いていますか?

堀江 重めの曲でも明るい曲でも、angelaさんっぽさっていうのが、どの曲にもありますよね。あと、atsukoさんってあんまり息継ぎしないんですって。息継ぎした後、次の音がぶれるのがいやだから。私、いつも「(歌っていて)苦しい」と思う曲があるんですけど、それが理由なのかな、って思いました。

 

——でも、「そう言われても……」って感じになりますね。

堀江 そうなんですよね(笑)。あと裏技として、二番でブレスを取りづらいところがあったら一番の同じ場所でもブレスを取らない、つまりブレスの場所を揃えるとプロっぽくなる、と教えていただいたこともあります(笑)。でも、私はどうしても言葉に反応するというか、テンションの流れで取りたいみたいで。台本のブレスはきちんと取るんですけどね(笑)。だから、ずっと前にそのアドバイスをいただいてから心に刻んでいるんですけど、あんまりできてないです(笑)。

 

——お二人のディレクションってどんな感じですか?

堀江 今回のレコーディングでは、「そうそうそう、KATSUさんって電気消したがるだよな」とか思い出しました(笑)。あとは、物理的に指示が多かったです。KATSUさんはわりと歌い手の感覚に任せてくれるディレクションで、どのテイクがいいか、atsukoさんとプチバトルされてもいたんですけど、最終的には「atsukoの言うとおりにしよう」って(笑)。ボーカルの意見を優先してくださる感じです。

 

——キャラソンでも「アシンメトリー」でもアンナちゃんを意識されたということですが、櫛名アンナってどんなキャラクターだと感じていますか?

堀江 何だかんだ言って女子、って感じがしました。

 

——演じるときに何か意識したことはありましたか?

堀江 意識することと言ったらホント、ポツッポツッポツッとしかセリフがないので、しゃべるときに「んっ、んっ」ってノドが絡むと如実にバレる! それですね(笑)。

一同 (笑)。

堀江 パーンと出すキャラなら大丈夫なんですけど、可愛いし線も細いから声も静かに出すんですよね。だから、一言しかないセリフで「ミコ……んっんっ!」とならないように。そこが一番の鬼門でした。セリフが少ないので、そのセリフの「できる」「できない」で「100点」か「0点」になっちゃうんですよ。でも、周防尊を失い、仲間との絆が深まったことで、たまに貫禄みたいなものも見えるキャラクターになっているかな。

 

インタビュー後編は、フリーペーパーアニカン154に掲載中|当サイトでも近日公開予定

 

TVアニメ|K RETURN OF KINGS |NOW ON AIR

27秋_K2s2015年10月2日(金)よりMBS・TBS・CBC・BS-TBS “アニメイズム枠”とAT-Xにて放送中

 

公式サイト公式ツイッター @anime_k11

OP主題歌「アメシントリー」堀江由衣

ED主題歌「解」カスタマイZ

Blu-ray&DVD vol1&2が11月11日同時発売

(c) GoRA・GoHands/k-project

 

 

堀江由衣 19thシングル|アシンメトリー|2015年11月4日発売

TV アニメ『K RETURN OF KINGS』オープニング主題歌

horieyui271104アニメshorieyui271104初回s①アシンメトリー 作詞:atsuko 作曲:atsuko・KATSU 編曲:KATSU

(TV アニメ『K RETURN OF KINGS』オープニング主題歌)

②タイトル未定 

③アメシントリー off vocal ver.

④タイトル未定 off vocal ver.

初回限定盤|CD+DVD|KICM-91639|¥1,800+税

通常盤|KICM-1639|¥1,200+税

アニメ盤|KICM-91640|¥1,200+税

発売元・販売元:キングレコード

 

 

LINEで送る

インタビュー&レポート

アニカンコラム

ミュージック

新作アニメ&特撮

人気プログラム

インタビューカテゴリの最新記事