INT #飯塚雅弓|PI PO PA 前篇

INT #飯塚雅弓|PI PO PA 前篇
LINEで送る

iizukamayumi2707main5636_big_1257‶「PI PO PA」は、シングルリリースだから飛び込めた曲だと思います” そう答えてくれた飯塚雅弓。16枚のアルバムを発表している彼女だが、今回のシングルは新たな発見に包まれながらの楽曲制作だったと話してくれた。

 文/清水耕司(ボーグナイン)

「PI PO PA」という新しい扉を開けたことで、
次にはまた違う扉を開けられる気がします

——今回、久々のシングルリリースとなったのは、どういった心境からですか?

飯塚 今まで一年に一枚のペースでアルバムを出してきたんですけど、アルバムだとコンセプトに縛られがちだったりするので、殻を破るために新しいチャレンジがしやすいシングルがいいかもしれない、と思ったんです。

——殻を破るというのは?

飯塚 どうしても「こうじゃなきゃ」「こうしたい」という想いが強くて、その延長線上で作るところがあったんですけど、「作っていく中で模索するのがアーティストなんじゃないか」というプロデューサーさんの意見に、チャレンジしたくなったんです。だから今回のシングルは「今までにないサウンド感で作っていこう」というコンセプトから始まっているんです。楽曲に関してはいろんな方にお願いして、40~50曲ぐらい集めた中から選びました。

——曲についてはどういったオーダーを出されたんですか?

飯塚 テーマは「今までの世界観を持ちつつもエレクトロなサウンド感」でした。あとは、今までは等身大の気持ちを歌ってきたんですけど、演じるとか無機質とか淡白とか、そういった世界観を提示していただければありがたい、ということも伝えました。ただ、それは「必ず」というわけではなくて、(楽曲を提出した)みなさんの得意な分野で勝負していただいた感じですね。「君 Color」も集まった曲から選びました。一番メロディーにパワーがあった「PI PO PA」をまず選び。ライブ用に作った「キラメク」がすでにあったので、バランスを考えながらロックな曲にも挑戦したい気持ちから「君 Color」を選びました。

——「PI PO PA」のアレンジでは、どんなお願いをされました?

飯塚 睦月(周平)さんも曲を出してくださっていたんですよ。その曲はアレンジまでされていて、完成形のイメージもしやすかったんですが。アレンジまではされていなかったんですけど、メロディーと歌詞のフィット感が抜群だったのが、多田さんの「PI PO PA」で。この曲に睦月さんのアレンジが加わったらもっとパワフルなものになるってイメージが広がったんです。

——歌詞の世界観ともおっしゃいましたが、それはどんな?

飯塚 言いたいことがあるけど言えなくて、でもサビではガツンと言っちゃってる。引いて押して引いて押してって感じのところですよね。それに、(コンペ時に)いただいた歌詞はちょっと違っていたんですけど、メロディーとのハマリがすでにすごく良かったです。そこは歌い手としては大事なところなので。

——歌詞は少し変えてもらったということですか?

飯塚 〈大至急で電話して〉とか〈愛がほしいならこの指とまれ!〉とか、ワガママな女の子じゃないですか(笑)? でも、その方向性が最初の歌詞では少し曖昧で。筋の通った方向にとやり取りをさせてもらいました。

——歌入れは、どのような気持ちでされたんですか?

飯塚 「こうも違うことを言えちゃうんだ」「これって誰もが持ってる気持ちなのかな」って想像しながら、でも「無機質に」というテーマもあったで、俯瞰で見てる感じで歌っていました。「あ、あそこに女の子がいる」「あなたワガママね」と思いながら(笑)。そういう意味では、自分の気持ちで歌ってきた感じの今までと違い、自分の世界観とキャラクターの世界観を重ね合わせるような気分で。MVでも、情感で歌っている部分と無機質で歌っている部分の両パターンを組み合わせてもらっているんです。「いろんな表現があるんだな」というのは今回の「PI PO PA」で感じたことですね。

——MVはショートver.しか公開されていないので、フルでの見どころを教えてもらえますか?

飯塚 フルver.はいつお届けできるんでしょうね(笑)。でも、今言ったように、無機質だった女の子が感情を出すようになって、最終的にはかなり上から目線になるんですね。歌詞カードには歌詞が載っていない部分なんですけど。そこでの不思議な空間もぜひ。

——自分としてはどんな一枚ができたと感じていますか?

飯塚 毎回発見があるんですけど、久しぶりのシングルということで新しい扉を開けてもらった気持ちでいます。「PI PO PA」という新しい扉を開けたことで、次にはまた違う扉を開けられる気がするし、そうしてまた飯塚雅弓に戻ってくると思っています。次、その次と、どんどんステップアップしていきたい。このシングルを作った今、そんな気持ちでいます。

 

飯塚雅弓 ニューシングル|PI PO PA|発売中

iizukamayumi270729_PIPOPA_H1PI PO PA 

作詞・作曲:多田慎也 編曲:睦月周平

君Color 

作詞:Satomi 作曲・編曲:近藤圭一

キラメク 作詞:飯塚雅弓

作曲:星舞 編曲:川田瑠夏・多田慎也

LACM-14382|¥1,300+税|2015年7月29日発売

全国のアニメイト&ランティス通販ショップ(L-MART)での限定販売

発売元:ランティス 販売元:バンダイビジュアル

 

飯塚雅弓|Strawberry Kiss 2015

8月9日(日)大阪 RUIDO/大阪府

①OPEN 13:30 START 14:00 ②OPEN 17:00 START 17:30

8月15日(土)新横浜 NEW SIDE BEACH!!/神奈川県

①OPEN 14:30 START 15:00 ②OPEN 18:00 START 18:30

 

劇団岸野組25周年記念公演|伝六捕物帖KOI/KATAKI

10月18日(日)~25日(日)下北沢・本多劇場

出演:岸野幸正、関俊彦、かないみか、飯塚雅弓、釘宮理恵(WキャストA)、田名部生来[AKB48](WキャストB)、会一太郎、釘宮由稀、他 劇団岸野組

お問い合わせ:劇団岸野組 TEL:048-442-2187(受付時間 11:00~18:00)

 

 

LINEで送る

コラム

         

インタビュー

ミュージック

         

新作アニメ&特撮

人気プログラム

インタビューカテゴリの最新記事