INT #メロキュア |メロディック・スーパー・ハード・キュア 前篇

INT #メロキュア |メロディック・スーパー・ハード・キュア 前篇
LINEで送る

merocure270826他界した岡崎律子とmeg rockこと日向めぐみによる伝説的ユニット・メロキュアが、10年の時を経て、アルバム『メロディック・スーパー・ハード・キュア』をリリースする。発表されていた全楽曲に加え、リアレンジ曲や日向の歌う新曲など盛りだくさんの2枚組。8月28日(金)にはAnimelo Summer Live 2015-THE GATE-に登場する。メロキュアの日向めぐみロングインタビュー前篇をどうぞ。

Text/斉藤貴志

自分たちが書いた曲が予言のようで なぜ今の状況がわかったんだろうと

——このタイミングでメロキュアのリリースをするのは、どんな流れから?

日向 アルバム『メロディック・ハード・キュア』をリリースしてちょうど10年ということで、コロムビアさんから去年の秋に打診をいただいて。でも出すなら、じっくり取り組みたかったので「だとしたら来年ですかね?」と今に至ります。期せずして、「ホーム&アウェイ」から10年となりました。

——岡崎さんが夢に出てきて……みたいな話ではなく。

日向 そもそものきっかけはクラムボンのミトさんでした。お会いする前から、メロキュアだけでなく、グミや meg rock もずっと聴いてくださっていたそうなんですが、ひょんなことから仲良くしていただくようになり、今ではいろいろ一緒に制作したり、私のライブにも参加してくださったり。で、スタジオで雑談中に、ミトさんが冗談まじりに「メロキュアでアニサマとかいいんじゃない?」なんておっしゃっていて。最初はみんな「またまた~」って雰囲気でしたけど、なんだか自然な流れで、いつの間にか気がつけばアニサマも本当に決まっていたという。

——あらためて10数年前の曲に思うことはあります?

日向 何度でも新鮮に感じます。聴いてくださるみなさんの人生と一緒に、どんどん新しい意味が増えていったらいいなというのは願っていることの一つだったりするのですが、自分たちが書いた言葉なのに「なぜ今の状況がわかったんだろう?」なんて予言みたいなものも入っていて。

——たとえば、どの辺の曲に?

日向 いっぱいあります。りっちゃんとも「この曲は予言だったね」とかよく話していて、「Pop Step Jump!」の予言を予言するリリックが出てきたり。

——当時の音源を久々に聴くと、コーラスの音程の高さも印象的でした。

日向 超音波コーラス(笑)。2人とも無類のコーラス好きで、これでもかというぐらい重ねていて。今回スウィッチエディションとして、メインボーカルを2人それぞれ録ったうち、メインとコーラスをオリジナルとは逆にした曲がありますが、コーラスでも、自分が歌っていると思ってたところが、実は「りっちゃんだ」なんてこともあって。全然違う声なはずなのに、たまに倍音がものすごく似ていたり。

——お互いが持ち寄った楽曲は、最初からメロキュア用に作ったもので?

日向 基本そうです。毎週2人でラジオをやっていて、いっぱいしゃべって、そこから生まれたものもあります。私がソファーを買ったら「Sunday Sundae」に“ソファー”が登場したり。

——音楽観に影響を与えあったり?

日向 お互い、すごくあると思います。ソロでのそれぞれのイメージにとらわれないのもテーマのひとつで、わかりやすいのは「ふたりのせかい」かも。りっちゃんのソロで“飛び蹴り”とか“空手チョップ”とか出てこないじゃないですか(笑)。でも、“飛び蹴り”なんて言葉も、意外とりっちゃんから、でも、あの口調のまま、さらっと飛び出すこともあって。

——あれは岡崎さんのタバコ嫌いが元だったとか。

日向 2人とも苦手で。歌詞では丸く〈立ちこめるスモーク〉と書いてますが。

——めぐみさんが「1st Priority」を作ったときは、「最高にポップなものができた」と聞いた記憶があります。

日向 そのときは無我夢中。ただ、自分の詞曲で初めて表題曲に採用されたのもあって、私の中で大きな転機になった気がします。

――岡崎さんの作った曲で、2人の化学反応を感じたものもあります?

日向 リーダー曲には迷いがないんです。ソロでやらないような、メロキュアのためのメロディーがズバッとくる。

——「So far,so near」の静かな強さは、岡崎さんらしいようにも感じました。

日向 「1st Priority」と同じ『ストラトス・フォー』の脚本を読んで書いたのに、全然違う世界観で。でも、根底にある気持ちはどこか似ていて、何か一つのものに向かっていく。それが別々の角度で出てると思います。〈心が叫ぶかぎり 僕等は未来へ〉というフレーズなんかも、リーダーは本当にすごいなあってあらためて思ってます。

——カバーで岡崎さんが堀江由衣さんに提供した「笑顔の連鎖」を選んだ理由は?

日向 まず、りっちゃん本人によるカバーが存在していない曲、というのが自分の中ではありました。由衣さんの曲はセルフカバーしてないんですよね。で、由衣さんへの提供曲はどれも好きすぎて、すごく迷いましたが、パッと1曲置くなら、由衣さんのライブなどでも定番の、この曲かなと。

——アニサマでは、メロキュアをリアルタイムで知らない人も観るかと思いますが。

日向 動画サイトなどで知っていただく方も多かったりするので、メロキュアを知っていただくきっかけをもっともっといろいろ作れたらなぁなんて、一生メロキュアをやっていく上での、メロキュアのメンバーとしての責任感が強まりつつあります!

メロキュア |メロディック・スーパー・ハード・キュア|インタビュー後編は、フリーペーパーアニカン152(8/28発刊)紙上にて。

メロキュア |メロディック・スーパー・ハード・キュア|8月26日発売

merocure270826disc 1| ① Pop Step Jump! ② 1st Priority ③ めぐり逢い ④ 「虹を見た」 ⑤ 木枯らしの舗道を 花の咲く春を ⑥ 向日葵 ⑦ Agapē ⑧ birthday girl ⑨ 愛しいかけら ⑩ Sunday Sundae ⑪ ふたりのせかい ⑫ ALL IN ALL ⑬ rainbow kind of feeling ⑭ So far, so near ⑮ しあわせ ⑯ホーム&アウェイ

disc 2| ① 1st priority [メロキュア meets 末光篤 a.k.a. SUEMITSU & THE SUEMITH] ② Agapē [メロキュア meets ミト(クラムボン) & kz(livetune)] ③ ホーム&アウェイ [メロキュア meets 西脇辰弥 again] ④ ふたりのせかい [メロキュア meets 川口圭太] ⑤ Agapē [水の惑星 version] ⑥ So far, so near [acoustic version] ⑦ Agapē [switched edition] ⑧ 笑顔の連鎖/日向めぐみ ⑨ ボクのキモチ/日向めぐみ ⑩ 夏の向こう側/日向めぐみ ⑪ ちいさなうた/日向めぐみ ⑫my favoritz/日向めぐみ(※新曲)

新録8曲(新曲含む)+既存の全楽曲20曲(すべてリマスター!)

生産限定メロディック・ハード・カヴァー仕様

COCX-39137-8|¥3,000+税|発売元・販売元:日本コロムビア

メロキュア ライブ 2015 melodic super hard cure(仮)

9月21日(月)渋谷WWW/OPEN 17:00 START 18:00

イベント出演|Animelo Summer Live 2015 -THE GATE-

8月28日(金)さいたまスーパーアリーナ

 

LINEで送る

コラム

         

インタビュー

ミュージック

         

新作アニメ&特撮

人気プログラム

インタビューカテゴリの最新記事