林原めぐみ ベストアルバム|タイムカプセル|ロングインタビュー第1回

林原めぐみ ベストアルバム|タイムカプセル|ロングインタビュー第1回
LINEで送る

hayashibara270617timecapsule声優界のトップランナーとして走り続け、歌手デビューから25周年を迎えた林原めぐみ。記念企画第1弾として、初期ベストアルバム『タイムカプセル』が発売された。入手困難だったキャラクターソングなど全34曲収録の3枚組。ヒミコ、女らんま、ナナミたちの歌が蘇る。明日6月19日発行のフリーペーパーアニカンVol.149からいち早く林原めぐみさんの最新ロングインタビュー第1回を公開します。

 文/斉藤貴志

まだ私の活動を追いかけてくれてる方にリリースをずっとしないのも不義理かな、と

――“今年は動く”と決めたのは、天の啓示みたいなものがあったんですか?

林原 毎年、年末をどこか常夏の海外などで過ごすんですが、私の中では儀式っぽいところもあって。いろいろな仕事をして、自分のデスクトップにあれこれ散らばったのを、一回ザーッと白くしたい。ハードディスクにはキャラクターたちが残っていますけど、壁紙から変えてツルンツルンにしたくなるんです。太陽が昇っては沈む繰り返しをボーッと眺めていられる場所で、「日本に帰りたくない。現実に戻りたくない」ぐらいの気持ちに自分を追い込むと、脳みそがツルツルになって。そのときに何となく「今年は動こうかな」と思いました。年女でもあるし。

 

――基本「何となく」としか言えないと。

林原 「何となく」で25年やってきたので(笑)。でも、この「何となく」が侮れない。自分の中に沸いてくるものに逆らえないというか。あと、紅白歌合戦を観て、(松田)聖子ちゃんや(中森)明菜ちゃんを好き「だった」人たちは今、何を好きかな?と考えたりもしました。林原めぐみを好き「だった」人たちも、今は何を聴いているのだろう? ラジオを続けていると、40代・50代で、まだ私の活動を追いかけてくれてる方や、7年ぶり、14年ぶりにラジオを聞きました…。なんて方もいて、リリースをずっとしないのも不義理かな…と。アーティスト活動がメインでない分、おろそかにしがちなので。
――それでまず初期ベスト盤を出そうと。
林原 リストアップして権利関係を探ってもらって、半分以上ダメだったらやめようと思っていたんですけどね。

 

――自分でも忘れていたような曲はありませんでした? ドラマCDの曲とか、一度歌ったら、それきりになりがちかと。

林原 普段思い出したりはしないけど、忘れてはいません。私にとってレコーディングは特別な仕事だったので。ナレーションなら現場でどんなに分厚い原稿をもらっても初見で取り組めますが、もともと「歌手ではない」という意識があるから。その分、家で下ろしておくのに、すごく時間をかけていました。ドラマCDならなおさら、キャラクターがどんな気持ちで歌うのか、どこを大事にするのか、考えないといけないので。

 

――たとえば『星くずパラダイス』の「虹色れんあい」なんかも、みっちり練習して?

林原 みっちり練習していって、抜く。結城りなという子はアイドルなので、メロディやリズムをどれぐらい崩すか。正方形で行って、ちょっとひし形や台形にしてみる。この作業は、まず正方形ができてないとやれません。『魔神英雄伝ワタル』のヒミコの歌でも、正方形は作っていきます。それで、どこをスッ飛ばすか、外すか。その前の正方形を作るのに、私はすごく時間がかかるんです。

 

――25年前だとキャラソン自体そんなになかったかと思いますが、役を演じることと役で歌うことに段差は感じませんでした?

 NHKの『ともだちいっぱい』という教育番組を4年ぐらいやって、ソラミちゃんという猿のキャラクターで「手あらいのうた」とか「ごあいさつのうた」とか歌っていたので、それと変わらない感じでした。キャラクターの頭身は違っても、私の中で起きる現象は同じ。語弊があるかもしれないけど、綾波レイでも歌えばバカボンでも歌う。作品の色に合わせて自分を変えることに違和感はなく、むしろすんなりいけました。ヒミコのようなイロモノのほうが正解が明確で楽です。

 

――『あひるのクワック』の「約束だよ」と「ハッピーハッピー」は全然違うトーンですが、大きくチャンネルを変えた意識もなく?

林原 ないですね。ただ、「ハッピーハッピー」はアニメが始まる前に録って、アヒルのキャラだからクワクワ言いながら歌ったんですけど、1話のアフレコに行ったら「真面目な作品なので人として演じてください」と言われました。「クワクワ言いませんか?」「言いません」という。アヒルで歌っちゃったのに(笑)。回を追うと、黒いアヒルでアパルトヘイトの問題を取り上げたり、ヒツジとヤギの教典の違いで宗教戦争を扱ったり、「人で」という意味はよくわかりましたけど、歌とアフレコ現場の連携が取れてない時代でしたね(笑)。

 

――自分名義の「約束だよ」のCDがお店で並んだのは、感動的でした?

林原 そこは思い出せないな。たぶん見本盤を先にもらって、お店に見に行ったりはしてないかも。CD屋さんに自分のCDがあるとビックリして、ありがたい気持ちにはなるけど……。小さい頃、ビルの上の看板に西城秀樹さんのハウス バーモンドカレーの広告がバーンと出ていて、「本人があれを見たら、どんな気持ちになるかな?」と考えていたんですね。自分のCDとかをたまたまどこかで見ると、いつもバーモンドカレーの西城秀樹さんとダブります(笑)。で、普通に仕事なんだなと。私の中では自分と別の林原めぐみさん……という感じです。

 

※林原めぐみ ロングインタビュー第2回はフリーペーパーアニカン149紙面に掲載中

 

林原めぐみ 初期ベストアルバム|タイムカプセル|2015年6月17日発売 

<DISC 1> 1.COME TRUE・・・/アルバム『PULSE』より(1990年)
2.Follow you,Follow me/アルバム『PULSE』より(1990年)
3.Go ALONG ! GO AROUND!!/アルバム『PULSE』より(1990年)
4.夢を追いかけて/アルバム『PULSE』より(1990年)
5.星の涙ポ・ロ・ロ・ン/『宇宙英雄物語』より(1989年)
6.Dear Friends/『ぽっぷるメイルパラダイス』より(1994年)
7.Kaleido scope/『WILD HALF』より(1998年)
8.おカネがいちばん/『ルナ・ソングス2』より(1997年)
9.ALCHEMY OF LOVE~愛の錬金術~/『天地無用! in LOVE』より(1996年)
10.虹色れんあい♡/『星くずパラダイス』より(1990年)
11.約束だよ(KWAK’S SONG) /『あひるのクワック』より(1997年)
12.ハッピー・ハッピー(ALFRED’S WALK)/『あひるのクワック』より(1997年)
13.クローバーイノセンス/『MIYUKI WORLD』より(1989年)
14.ぴょこLOVE注意報/『デ・ジ・キャラットにょ』より(2003年)
15.Grow up~明日があるぴょ~/『デ・ジ・キャラットにょ』より(2003年)

<DISC 2> 1.夢のBalloon/『らんま1/2』より(1990年)
2.未確認Girl/『エリアル』より(1989年)
3.好きと言いなさい/『NINKU -忍空- 2』より(1995年)
4.花言葉にゆれて/『絶対無敵ライジンオー』より(1993年)
5.ぶらんこの歌/『七つの海のティコ』より(1994年)
6.プラスα~Album Version~/『瑠璃丸伝』より(1995年)
7.騒擾楽園(パラリラパラダイス)/『魔神英雄伝ワタル3』より(1994年)
8.にんじんとグリグリ/『魔道王グランゾート』より(1989年)
9.シンデレラなんかになりたくない/『チンプイ』より(1989年)
10.いつまでもwith you/『七つの海のティコ』より(1994年)
11.あなたの風になりたい/『BADBOYS2』より(1994年)
12.あこがれ/『ルパン三世炎の記憶~TOKYO CRISIS~』より(1998年)
13.November Rain/『らんま1/2』より(1990年)
14.JUSTIS~ダンガン×ヒーローより~/『MIYUKI WORLD』より(1989年)
15.HI・MI・KO/『魔神英雄伝ワタル2』より(1991年)

hayashibara270617timecapsule<DISC 3> 1.COME TRUE・・・/アルバム『PULSE』より(セルフカヴァー)
2.Follow you,Follow me/アルバム『PULSE』より(セルフカヴァー)
3.Go ALONG ! GO AROUND!!/アルバム『PULSE』より(セルフカヴァー)
4.夢を追いかけて/アルバム『PULSE』より(セルフカヴァー)

 

KICS-3192|CD3枚組|¥3,500+税|発売元・販売元:キングレコード

 

 

LINEで送る

コラム

         

インタビュー

ミュージック

         

新作アニメ&特撮

人気プログラム

インタビューカテゴリの最新記事