THE IDOLM@STER|下田麻美×原由実×沼倉愛美|ロングインタビュー第3回/最終回

LINEで送る

imas270513_DAY2_Y1W7568imas270513_原imas270513_下田imas270513_沼倉2014年に行なわれたアイドルマスターの9周年東名阪ライブツアー《THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!》は、アイマス最初の音楽CDシリーズのタイトルであり、今年10周年を迎えるアイマスが到達した「傑作」という意味合いの「M@STERPIECE」を冠した、765プロの到達点的なライブとなった。Part3では、紙面では掲載しきれなかった、いくつかこぼれ話を紹介する(全3回/最終回)。

文/中里キリ

下田さんの「TOKYO」には中村繪里子さんのアドバイスが

──東京会場で下田さんが用意した「TOKYO」ボード芸は大ウケでした。

下田 会場の東京体育館は東京オリンピックで使用された会場の跡地で、2020年のオリンピックでもまた使われる予定ということで。名古屋とか大阪って、普段自分たちがいない場所だから、トークに絡めやすいんですよね。でも東京はなかなか難しくて……。東京ネタで何かいいものないかなと考えていて、「東京東京東京…TOKYO?」というのが浮かびまして。ただ、ちょっと前のネタ(2020年オリンピック開催地発表のパロディ)であの時やって面白いのか自信がなかったんです。それで、楽屋でキャストのみんなに見せて、ウケたらやろうと。最初はちょっとウケが悪かったんですけど、中村さんに「いきなりトウキョウじゃなくて、わかりやすい前振りを入れたほうがいいよ」ってアドバイスされたんです。それで一晩寝かせて、やっぱりやろうと思ったのでやりました(笑)。美術さんに相談したら、思ったよりちゃんとしたフリップボードを用意して頂いちゃって。それをステージサイドに置いておいたら次々とボードを使った大喜利みたいになったので、みんなにはご苦労をかけました。

 楽しかったねあれ!

沼倉 盛り上がりましたね。

 一体感が生まれたと思う。

 

誰よりも頑張り屋な長谷川明子さん

(※長谷川さんのダンスのキレは沼倉さんから見てもすごい、という話の中で)

 アッキーって、練習の時レッスン場の隅でひたすら練習しているんです。

下田 ずっとやってるんだよね。でもあなた(原)も結構ずっと練習やってたよ(笑)。

 そうかな(笑)。アッキーの振り付けは特徴的なものが多いので、私なんかがやったら変な感じに見えちゃうようなものもあるんですね。それをどうやったら一番かっこよく見えるのか、アッキーは細かい角度とかにもすごくこだわって、ずっと繰り返し練習してるんです。

 

今でも大切にしている「プロジェクトフェアリー」

(※補足:沼倉さんと原さんがアイマスに初参加したPSP『アイドルマスターSP』(2008年)では、響と貴音、長谷川明子さん演じる星井美希の3人は、765プロのライバル・961プロに所属する「プロジェクトフェアリー」というユニットのメンバーとして登場。その後3人は765プロの仲間となる。「オーバーマスター」は961プロのアイドルとしてCDリリースした楽曲で、「KisS」はそのカップリング曲)

──東京公演で原さんが「KisS」を歌ったのがすごく印象に残っています。

 私もです! この曲はすんごい久しぶりで、最後に歌ったのは、CDの発売イベントだったと思います。

──渋谷のパセラで765、961で連続してシークレットイベントをやったときですね。2009年1月でした。

沼倉 アキちゃんと3人で歌ったね。

 最初の週は765プロの回にゲストで出て愛美と2人で「オーバーマスター」を歌って。振り付けとかも自分たちで考えたんです。実はそのときのイベントを撮影した資料映像が家に残っていて、本当に恥ずかしいんです。

下田 じゃあその上映会をやろうか。

 やだやだやだ! でもすごく久しぶりで、大好きな曲だったので。私にとっては初めて出たCDに収録されていた曲なんですね。思い入れも強いからすごくドキドキしました。振り付けも新しくつけていただいて、若干セクシーなものになりました。初日に愛美が「オーバーマスター」を歌ったこともあったので、この曲も反響がすごくかったです。いただくお手紙とかを読むと、いまだにプロジェクトフェアリー、961プロを好きでいてくださる方もいらっしゃるんです。それだけに緊張していたので、映像で見ていただいたら指先が震えているのがわかると思います。だからもっと完成度を上げたい気持ちもあるので、リベンジもしたいし、やっぱりあの(原・沼倉・長谷川の)3人で「KisS」や「オーバーマスター」をいつか歌いたいです。

下田 聴きたい! 見たい!

沼倉 私は大阪では「オーバーマスター」を歌ったんですけど、東京でソロの「オーバーマスター」を歌ってと言われたら、断ろうかと最初は思ってたんです。アニバーサリーライブって特別な場所なので、同じ場所に一緒に歌ったメンバーの由実がいるのに、一人で歌うのはやだなって思ったんです。でも最初にもらったセットリスト案を見たら、由実の「KisS」があったので、これはいいなぁと思って、それで歌いました。私も歌いたい曲だったので嬉しかったです。

 

亜美と真美ならではの表現

──今回はそれぞれのソロ曲を続けるブロックがあって、「ジェミー」を歌ったので、「双海亜美」と「双海真美」が同じステージに立ちました。

下田 そうなんです。ライブでソロが一曲だと私の場合は亜美の曲か、真美の曲かを選ぶことになるんですね。今回は亜美の曲、真美の曲、2人の名義を分ける前の曲、気にせず歌うことができたので、すごく濃厚なお時間をお届けできたと思います。遊べる曲は遊んで、しっとりする曲もあり。しっとりすると言っても彼女たちは純粋で無邪気な中学1年生なので、歌の中にある感情が全部わかるわけではないと思うんですね。みんなを楽しませたい、喜ばせたいって気持ちが一番大きいと思うんです。私はダンスや歌がそんなに得意なわけではないんですが、亜美真美で歌うときは表現に「面白い」を足したい気持ちが大きいんです。料理で言うなら自慢のステーキ一品を出すより、いろんな料理を出すバイキングでみんなに楽しんで爆笑してもらいたいんです。

 

自分たちで考えた言葉

──原さんがカバーした「ふるふるフューチャー」では、美希の台詞を貴音にアレンジしたところがありました。

 ライブのときには間奏に美希のセリフがあったりするんですけど、貴音のセリフを誰かに書いてもらうというのは難しい状況だったんです。自分で貴音のセリフを考えるか、あるいは自分の言葉で会場を盛り上げるかって言われたんです。それならせっかくだから、貴音さんらしさを出したいなと思って。なかなかセリフを自分で作る機会なんてないので、何度も書きながら、ああじゃないこうじゃないと考えました。名古屋公演では普段やらないことをいろいろ考えてチャレンジしました。

──東京会場で沼倉さんが「shiny smile」を歌うとき、歌い出し前に「やっとこの曲が歌えました」という言葉がありました。

沼倉 歌うのは「オーバーマスター」の次だったんですけど、実は構成台本では別のセリフが入ってたんです。当日の朝のリハでは書いてあることを言っていたんですが、本番でその言葉に変えました。そしたら自分で自分の言葉に感動しちゃって、映像で見返したらそのあとはうるうるでしたね(笑)。見ている人にどれぐらい印象があるかはわからないんですが、「shiny smile」は『アイドルマスター2』で響がプロデュースできるようになったときに、響の持ち歌だった曲なので。知っている人にはふっと思い出してもらえたらいいなと思いました。

下田 前から「shiny smile」歌いたいって言ってたよね。

沼倉 何度も言ってたんですがなかなか機会がなくて、やっと歌うことができました。

 

imas270513_N1_D3R1107

THE IDOLM@STER|下田麻美×原由実×沼倉愛美|ロングインタビュー第1回はコチラ

THE IDOLM@STER|下田麻美×原由実×沼倉愛美|ロングインタビュー第2回はコチラ


いよいよ、10周年イベント開催!

THE IDOLM@STER|M@STERS OF IDOL WORLD!! 2015

7月18日(土)西武プリンスドーム/開場14:00 開演16:00

DAY1|MAIN WORLD 765PRO

765PRO ALLSTARS+ 中村繪里子(天海春香役)今井麻美(如月千早役)釘宮理恵(水瀬伊織役)平田宏美(菊地真役)下田麻美(双海亜美・双海真美役)浅倉杏美(萩原雪歩役)原由実(四条貴音役)沼倉愛美(我那覇響役)たかはし智秋(三浦あずさ役)滝田樹里(音無小鳥役)

<サポートメンバー>

CINDERELLA GIRLS 大橋彩香(島村卯月役)福原綾香(渋谷凛役)原紗友里(本田未央役)青木瑠璃子(多田李衣菜役)大空直美(緒方智絵里役)松嵜麗(諸星きらり役)

MILLIONSTARS 山崎はるか(春日未来役)田所あずさ(最上静香役)Machico(伊吹翼役)麻倉もも(箱崎星梨花役)藤井ゆきよ(所恵美役)渡部優衣(横山奈緒役)


7月19日(日)西武プリンスドーム/開場13:30 開演15:30

DAY2|MAIN WORLD 765PRO
+CINDERELLA GIRLS+MILLION LIVE!

765PRO ALLSTARS+ 中村繪里子(天海春香役)今井麻美(如月千早役)釘宮理恵(水瀬伊織役)平田宏美(菊地真役)下田麻美(双海亜美・双海真美役)浅倉杏美(萩原雪歩役)原由実(四条貴音役)沼倉愛美(我那覇響役)たかはし智秋(三浦あずさ役)滝田樹里(音無小鳥役)

CINDERELLA GIRLS 大橋彩香(島村卯月役)福原綾香(渋谷凛役)原紗友里(本田未央役)青木瑠璃子(多田李衣菜役)五十嵐裕美(双葉杏役)大空直美(緒方智絵里役)黒沢ともよ(赤城みりあ役)洲崎綾(新田美波)高森奈津美(前川みく役)松嵜麗(諸星きらり役)山本希望(城ヶ崎莉嘉役)佳村はるか(城ヶ崎美嘉役)

MILLIONSTARS 山崎はるか(春日未来役)田所あずさ(最上静香役)Machico(伊吹翼役)愛美(ジュリア役)麻倉もも(箱崎星梨花役)雨宮天(北沢志保役)伊藤美来(七尾百合子役)上田麗奈(高坂海美役)木戸衣吹(矢吹可奈役)夏川椎菜(望月杏奈役)藤井ゆきよ(所恵美役)渡部優衣(横山奈緒役)


THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!! Blu-ray 2015年5月13日発売

完全初回生産限定 “PERFECT BOX”LABX-38095~38099¥24,000+税

|Blu-ray Disc 5枚組の超豪華BOX仕様!

東京公演2公演の他、東京公演で披露していない大阪・名古屋公演の模様や、当日の舞台裏を撮影したメイキング映像など特典映像を収録!! オーディオコメンタリーを収録!

DAY1 東京公演|LABX-8095~8096¥9,000+税|オーディオコメンタリー収録

《出演者》中村繪里子(天海春香役)今井麻美(如月千早役)釘宮理恵(水瀬伊織役)平田宏美(菊地真役)下田麻美(双海亜美・双海真美役)浅倉杏美(萩原雪歩役)原由実(四条貴音役)沼倉愛美(我那覇響役)滝田樹里(音無小鳥役)

DAY2 東京公演|LABX-8097~8098¥9,000+税|オーディオコメンタリー収録

《出演者》中村繪里子(天海春香役)今井麻美(如月千早役)釘宮理恵(水瀬伊織役)平田宏美(菊地真役)下田麻美(双海亜美・双海真美役)浅倉杏美(萩原雪歩役)原由実(四条貴音役)沼倉愛美(我那覇響役)茅原実里(玲音役)

発売元:バンダイナムコエンターテインメント|販売元:ランティス|販売協力:バンダイビジュアル


©窪岡俊之 ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc. ©BNEI/PROJECT iM@S

 

 

 

LINEで送る

INFORMATION

LINEで送る

imas270513_9thジャケットTHE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!! Blu-ray

2015年5月13日発売


完全初回生産限定 “PERFECT BOX”|LABX-38095~38099|¥24,000+税|Blu-ray Disc 5枚組の超豪華BOX仕様! 東京公演2公演の他、東京公演で披露していない大阪・名古屋公演の模様や、当日の舞台裏を撮影したメイキング映像など特典映像を収録!! オーディオコメンタリーを収録!


DAY1 東京公演|LABX-8095~8096|¥9,000+税|オーディオコメンタリー収録|出演者:中村繪里子(天海春香役)今井麻美(如月千早役)釘宮理恵(水瀬伊織役)平田宏美(菊地真役)下田麻美(双海亜美・双海真美役)浅倉杏美(萩原雪歩役)原由実(四条貴音役)沼倉愛美(我那覇響役)滝田樹里(音無小鳥役)


DAY2 東京公演|LABX-8097~8098|¥9,000+税|オーディオコメンタリー収録|出演者:中村繪里子(天海春香役)今井麻美(如月千早役)釘宮理恵(水瀬伊織役)平田宏美(菊地真役)下田麻美(双海亜美・双海真美役)浅倉杏美(萩原雪歩役)原由実(四条貴音役)沼倉愛美(我那覇響役)茅原実里(玲音役)


 

148_H4_imasフリーペーパーアニカン148 カバースペシャル THE IDOLM@STER
2015年5月15日発行

 

R36_H1_imas_station_lスーパーエエンタメ新聞アニカンR36
2010年3月24日発行

R54_H1_imas_station_lスーパーエエンタメ新聞アニカンR54
2010年6月30日発行

 

R90_H1_shimoda_lスーパーエンタメ新聞 アニカンR90
2010年12月22日発行

 

 

LINEで送る