INT|angela|イグジスト|後篇

LINEで送る

angela2702SUB11年の時を超えて続編が描かれることになった『蒼穹のファフナー』。新シリー ズの主題歌を担当するのはもちろん、angela。『シドニア』で 二度目のアニ メーション神戸・ラジオ関西主題歌賞を受賞したふたりが、渾身のファフナー曲を世に送り出す。あえて “ダサく”。あえて丁寧に作らず。デビューから12年が経過して実力を備えたミュージシャンとなっても、小さくまとまりたくない angelaがどのように「イグジスト」を、そして「暗夜航路」を手がけたのか。ふたりの熱い魂を探る。angelaニューシングル「イグジスト」ロングインタビュー後篇をどうぞ。

文/清水耕司(ボーグナイン)

“そこにいますか” はダサくてインパクトが強い、そこがいいと思います

――楽曲制作について、もう少し詳しく教えてください。まず歌詞について。
atsuko ストーリーをなんとなく知っている分、書きやすいのかと思いきや、むしろ書きにくいんですよね。言える範囲は限られているし、ありがちな言葉を並べても何も残らないし。ただ、「Shangri-La」でも「イグジスト」でも「果実」という言葉を出すとか、「蒼穹」では 「Trust me Trust you」だったのが今回は「Follow me Follow you」だとか、そういうリンク感は出したいと思っていました。

――「そこにいますか」は『ファフナー』の因子を投影させたフレーズですね。
atsuko あれは私が考えたわけではなくて。スタジオで二時間ぐらい、あそこにバシッとハマるインパクトのある言葉をずっと考えていたら、 KATSUが言い出したんですよ。はじめは「そりゃないよ」とは言ったんですけど。
KATSU でも、提出しなきゃいけないので「とりあえずそうしとこう」ってことで(笑)。
atsuko それで、仮歌を録ったんですけど、レコーディングしたものを後で客観的に聴いたらインパクトがすごかったんですよね。
KATSU 僕はレコーディングの後で反対したんですけどね。自分で言っておきながら(笑)。
atsuko そう、「やっぱりやめよう」って。でも今度は私が「あのインパクトは すごいよ。入れるべきだ」って言ったんです。勢いで入れたものって、一度録って客観的に見ないと分からないんですよね。あそこは悪い意味ではなく、「ダサい」と思いました。ダサいって大事ですよ。音楽、特に歌物って綺麗にまとめればまとめるほど耳に残らなくなると思うんですけど、「じゃあ覚えてもらえるものって何?」と考えたら「ダサい」ってことなんですよ。そこがインパクトになるので。だから私の中で、ダサい成分は絶対に入れないいけないと思っています。
KATSU 「ダサいはインパクト」ってずーっと言うんですよ。
atsuko でも、「このギターのフレーズ、ダサい!」って言うと、私の中では褒め言葉なんですけど、作った本人はそう思ってはいないので(笑)。
KATSU こっちはカッコイイと思っているから。ちょっと複雑なんですよね。

 

――タイトルはどこから?
atsuko 11年前からアニメソングを作るときにはプロデューサーから、「今回のテーマは“生きる”です」って言われてるんです。でも、最初は良かったんですね。「分かりました。“生きる”ですね」って。でも、ずーっと「atsukoさん、今回は“生きる”でお願いします」と言われて。

――ずっと?(笑)。
atsuko 『ファフナー』は私たちが やってきたアニメの中でも本当に重く、長いスパンでやっている作品なので、その重さもよく分かってるので、その中で「“生きる”です」と言われたのでもう、「生きている」「存在している」「…イグジストでお願いします!」となりま した。(笑)

――はっきりと表に出したんですね。
atsuko 最初は英語だったんですけど、出口(=EXIT)みたいに見えるのでカタカナにしました。近年、分かりやすいタイトルがいいと思っているので。

――「イグジスト」を歌ってみて気付いたところはありますか?
atsuko サビが歌いにくかったですね。昔からそうなんですよ。
KATSU カラオケのことを考えてないというか。
atsuko 「ライヴで歌えるのかなー」って昔も思ってましたけど、今も思ってますからね。「Shangri-La」は最近になってちゃんと歌えるようになってきたので(笑)、早く「イグジスト」を自分のものにしないと、とは思ってます。

――特に歌入れで意識した点はありますか?
atsuko 正直言うと、11年前の歌い方って自分で聴いても「ちょっとウザいな」とは思っていて(笑)。でも、そこは仕方がないですよね。
KATSU 気持ちが入りまくってて。

――常に“強い”感じで。
atsuko そう、常に「アピールしなきゃ」って感じなんですよ。でも実際、ディレクションでもそうしろと言われていたので。「もっとビブラート!」みたいな。でも今は、全く同じことをやっても綺麗にできちゃう気がするんですよ。ビブラートを使い過ぎないとか使った方がいい場所とか、学習して効果的に使えるようになっているので。ただ、聴きやすいものがいいというわけではないので、そこのバランスが今難しいところですね。曲によって変えてます。

――今度は「イグジスト」と「暗夜航路」のアレンジについてもお伺いしたいのですが。
KATSU 『EXODUS』では新キャラクターが増えるということを知っていたので、。「イグジスト」でも皆が一丸となって何かと戦うところをイメージしました。そこから「Follow me~」を歌うのはatsukoじゃないな、という気がして、コーラス隊に歌ってもらうことにしたんです。しかも、ソプラノ、テナー、アルト、バスって大人数を揃え、ひとりずつブースに入ってもらって収録しました。気の長い作業でもう懲りましたけど(笑)。サビのハモリも、普段はatsukoがやるところをコーラスにして多人数感を出しました。これも「美味しいとこどり」(『アニカン』Vol.144参照)ですよね。 「Shangri-La」の「ハッ」ってコーラスから来ているわけです。あとは、『EXODUS』では機体がガンガン空を飛んでますけど、最初の 『ファフナー』では一機しかいないんですよね。だから、地に足の付いた音楽でロボット物、というところをすごく意識しました。スペーシーではなく、土臭い感じ。そこからアフリカの太鼓とかをイメージして、パーカッションをふんだんに使っています。人間の手で奏でられる限界のスピードや音を意識しているので生楽器が多いですね。

――「暗夜航路」はどんなアプローチでしたか?
KATSU 「Shangri-La」と対だった「Separation」っぽい曲(『アニカン』 Vol.144参照)、ということでその二曲の エンジニアだった北城浩志さんにお願いしたんです。僕は勝手に師匠だと思っている人で、「博士」って読んでいるんです。音楽とかアレンジとか色々なことを教わったんですね。今、他のエンジニアさんとコミュニケーションが取れているのも師匠のおかげで。今回の「暗夜航路」を「Separation」と似て非なるものにしたいということでお願いしました。もう一回「Separation」を作りたいんです、というところから始めて、何回も博士の家に通って、ああしようこうしようってやりました。なので、懐かしいangelaサウンドかもしれません。 北城さんはどちらかというとアーティスティックなエンジニアで、すごく主張が強いんです。普通は与えられた素材をいかに綺麗にまとめるか、みたいな感じなんですけど。ゆえにぶつかることも多いです。でも、独特な世界観を持っていて、他のエンジニアにはできない耳障りなんですよね。

――今回の『EXODUS』を見て、いかがでしたか?
KATSU 今回のファフナーって、機体がすごくごつくなってるんですけど、実はあれ、11年前にもらった設定資料の中にあったものなんですよ。 武装を強化したファフナーとか。前回のTVシリーズでは登場しなかったんですけど、「そうそう、あったあった」って思いながら見てます。スタッフ の方、冲方さんもそうなんですけど、がやりたかったファフナーの世界ってこれだったんだなって感じました。

――angelaニューシングル「イグジスト」ロングインタビュー前篇はコチラ

 

angela ニューシングル「騎士行進曲」4月29日発売決定

TVアニメ『シドニアの騎士 第九惑星戦役』オープニング主題歌

angela ニューアルバム『ONE WAY』5月20日発売決定 

angela ニューシングル「イグジスト/暗夜航路」発売中

TVアニメ『蒼穹のファフナー EXODUS』オープニング主題歌/エンディング主題歌

angela270211_KICM3286angela270211_KICM93286①イグジスト ②暗夜航路 ※①②の off vocal version含む全4曲収録

限定生産盤|CD+Blu-ray|KICM-93286|¥1,800+税|クリアケース仕様
・MV「イグジスト」を収録したBlu-ray付
アニメ盤|CD ONLY|KICM-3286|¥1,200+税|2015年4月29日発売
*TVアニメ『蒼穹のファフナー EXODUS』描き下ろしアニメイラストジャケット
*初回プレスのみクリアケース仕様&名シーンカード封入(全5種の内ランダム1枚)

『蒼穹のファフナー』コンプリートベストアルバム同時発売
2CD 全21曲|KICA-3237~8|¥3,000+税|初回プレスのみクリアケース仕様
*TVアニメ『蒼穹のファフナー』描き下ろしアニメイラストジャケット

angela Live Tour 2015 開催決定

6月07日(日)香港

6月13日(土)台湾

7月11日(土)福岡 DRUM Be-1(福岡)

7月12日(日)名古屋 BOTTOM LINE(愛知)

7月18日(土)大阪 BIG CAT(大阪)

7月25日(土)新木場STUDIO COAST(東京)

オールスタンディング 税込¥5,616(1ドリンク代別)

EVENT 出演

OTAKU SUMMIT SPECIAL LIVE 3月28日(土)幕張メッセ国際展示場 展示ホール1
angela/上坂すみれ/小林幸子/少女病/砂守岳央(沙P)&buzzG/畑亜貴/and more!!(五十音順)

スーパーロボット魂 2015 “大阪 春の陣” 5月5日(火祝)なんばHatch
水木一郎/堀江美都子/影山ヒロノブ/MIQ/森口博子/福山芳樹/遠藤正明/angela/and more!!

『蒼穹のファフナー EXODUS』イベント 5月24日(日)パシフィコ横浜
喜安浩平/石井真/白石稔/島﨑信長/石川由依/岡本信彦/angela/and more!!

KING SUPER LIVE 2015 6月20日(土)21日(日)さいたまスーパーアリーナ
angela/上坂すみれ/every♡ing!/奥井雅美/小倉 唯/ 陰陽座/カスタマイZ/かなでももこ/喜多村英梨/小松未可子/佐藤聡美/ 高橋洋子/ 田村ゆかり/ 林原めぐみ/ 保志総一朗/ 堀江由衣/松澤由美/水樹奈々/宮野真守/森口博子/ ゆいかおり/米倉千尋 (50音順・全22アーティスト・両日共通)

 


angela「Different colors」(劇場版『K』主題歌)インタビューはコチラ

アニカン連載コラム『元祖!angela丼』はコチラ

 

LINEで送る

INFORMATION

LINEで送る

初回限定版クリアケースCS3bookletangela 26thシングル
全力☆Summer!

2017年7月5日発売


angela オフィシャルサイト


Twitter atsuko
atsuko(ヴォーカル、作詞、作曲) 1月23日生 みずがめ座 岡山県出身 AB型 趣味:旅行
Twitter KATSU
KATSU(作曲、アレンジ、キーボード、ギター)6月12日生 ふたご座 岡山県出身 B型 特技:超魔術


岡山県出身の2人による音楽ユニット。個々に音楽を志し上京したが、意気投合してangelaを結成。2000年より路上ライブを始め、運命的に現レコード会社プロデューサーの目に止まって、2003年「明日へのbrilliant road」(宇宙のステルヴィア 主題歌)でメジャーデビューを果たした。ミュージックワンダーサーカス所属


レギュラーラジオ放送中 sparking!talking!show! ●東海ラジオ放送…毎週土曜22:30 ●ラジオ関西…毎週土曜22:30 ●KBCラジオ…毎週土曜23:25 ●琉球放送…毎週土曜25:30 ●DateFM…毎週日曜21:30 ●山陽放送…毎週日曜23:00 ●FM FUJI…毎週日曜22:30


アニぱら音楽館 キッズステーション…毎月第1土曜 21:00 ※リピートOAあり|出演:影山ヒロノブ・遠藤正明・atsuko (angela)・織田かおり・Gero 他


angelafripside281019kikangenteiangela×fripSide 僕は僕であって
2016年10月19日発売 fripsideangela281207fripSide×angela The end of escape
2016年12月7日発売
angela280831shokaiLOVE & CARNIVAL
2016年8月31日発売 angela270520_shokai_FIXONE WAY
2015年5月20日発売 angela270211ファフナーベスト_ジャケ[1]蒼穹のファフナー コンプリートベスト
2015年2月11日発売


171_angelafripside_640-412フリーペーパーアニカン171 2015年10月20日発行 168_angela 640フリーペーパーアニカン168 2015年8月31日発行 148_H1_angelaフリーペーパーアニカン148 2015年5月15日発行 135_H1_angelaフリーペーパーアニカン135 2014年5月21日発行 R93_H1_angelaスーパーエンタメ新聞アニカンR93 2010年10月29日発行 RM09_H1_angelaアニカンR MUSIC Vol.9 2009年9月10日発行

LINEで送る