INT|22/7|201709 僕は存在していなかった

LINEで送る

227_2909_illust_yoko_500-353

22/7 Interview

ナナブンノニジュウニ

海乃るり・花川芽衣・宮瀬玲奈

秋元康が総合プロデュース、数々の名作アニメを生んだアニプレックス、乃木坂46らが所属するソニー・ミュージックレコーズとのタッグで話題のデジタル声優アイドルグループ22/7(ナナブンノニジュウニ)。デビューシングル「僕は存在していなかった」が1万枚限定でリリースされる。10,325人が応募したオーディションで選ばれた声良し、ルックス良しのメンバー11人から、海乃るり、花川芽衣、宮瀬玲奈の3人に聞く。

Text/斉藤貴志

3人はダンスがアイドルっぽいのと

かわいいもの好きなのが共通点です

 

――22/7の中で、この3人の括りは何かありますか?

宮瀬 ダンスがアイドルっぽい3人かな……と、今思いました。

海乃 2人を見ると、アイドルっぽいメンバーだと思います。かわいいものが好きなのは、3人の共通点かな?

宮瀬 私はマイメロちゃんが大好きです。

海乃 私は部屋をお姫様ふうにしたい願望があります。実際の部屋は全然違いますけど(笑)。

花川 私はうさぎが大好きで、実家で1匹飼ってます。


――うさぎの種類を当てるのが特技なんですよね?

花川 うさぎを飼ってから本を見て勉強しているうちに、だんだん種類がわかるようになりました。

宮瀬 みんな一緒に見えちゃいますけど。

花川 全然違います!(笑)


――3人の中で一番お姉さんっぽいメンバーは?

海乃 宮瀬玲奈ちゃんはお姉さんキャラではないですけど、率先してご挨拶を先導してくれたり、みんなをまとめてくれます。みんながまだ打ち解けていなかった最初の頃にも「髪形変えた?」とか話し掛けてくれました。

宮瀬 まとめる意識はなかったんですけど、みんなと仲良くなりたい気持ちでおしゃべりしていて。みんながテンション低いときは上げたいと思います。


――では、3人の中で一番笑いを取るメンバーは?

花川 海乃るりちゃんはドジなところがあって(笑)。

宮瀬 リアクションがすごくヘン(笑)。めっちゃ「えっ?」と言ったり。

海乃 低い声を出しちゃいます…。

宮瀬 るーりー(海乃)はたぶん普通にやっているんですけど、私と芽衣は傍から見て笑ってます(笑)。

海乃 そうなんですよ。面白いことをやったつもりはないのに、何か周りでクスクス笑い声が聞こえてきて(笑)。「今の動き、めっちゃ面白かった」とか言われます。


――地方出身メンバーが多い中で海乃さんは唯一の東京出身で、都会っ子らしさも感じます?

宮瀬 都内のお店のことをすごく知ってます。東京の電車の路線のことを聞いたら全部教えてくれるし、さすがだなと思います。

花川 東京は人の多さにビックリします。電車も青森だと全然座れるのに、東京は乗るのにやっとのときもあるし。渋谷のスクランブル交差点も「よく人が上手にすれ違って渡れるな」と思いました。


――メンバーの言葉に地方色が出るときもあります?

海乃 宮瀬がふとしたときにポンと出す言葉が聞いたことなくて、「今、何て言ったの?」ということが多々あります。

宮瀬 えーっ! それは初耳(笑)。「こちょばい」は通じませんでした。メンバーにコチョコチョされて「こちょばい」と言ったら、「えっ、何?」となりました。「くすぐったい」って意味ですけど。

海乃 花川芽衣ちゃんはもう“東京の人”って感じです。

花川 津軽弁はだいぶ訛っていて、そのまましゃべったらたぶん通じないから、出さないようにしています。

宮瀬 出会ったときから方言が全然なくて、同じ地方から出てきた身として「私もそうなりたい」と尊敬してます。

227_2909hanagawa_tri500

アイドルにも声優にも憧れていて

ピッタリなオーディションだなと

花川芽衣(斎藤ニコル役)

6月8日生|ふたご座|O型|青森県出身

 

――22/7はオーディションで1万人以上から選ばれた11人で結成されましたが、皆さんはそれぞれ、どんな経緯で受けたんですか?

花川 小さい頃からアイドルさんと声優さんのどちらにも憧れていたんですけど、なかなかオーディションを受ける勇気が出なくて。そのまま上京して、テレビとかいろいろなところで自分と同年代の方たちが活躍されているのを目にして、「このままじゃダメだ」と思いました。それで探していたら、このオーディションに出会って、アイドルさんも声優さんもできるということで、自分にピッタリだと思って受けました。

海乃 私はもともと声優になりたくて、オーディションもいろいろ受けていたんですけど、全然受からなくて。「そろそろ諦めたほうがいいのでは……」と考えていたところに、秋元康先生がデジタル声優アイドルグループをプロデュースするという今までなかったオーディションを知って。ずっと声優さんを目指していたので、アイドルさんに自分がなりたいと思ったことはなかったんですけど、すごく好きで表情とかを勉強していて、私が学んできたものがどれだけ通用するかにも興味がありました。


――「このオーディションが最後」くらいな気持ちも?

海乃 そんな気持ちでした。5次審査まであったんですけど、そこまで進むのが初めてで、4次審査あたりから「絶対に受かりたい。受からなかったら最後」と思ってました。

宮瀬 私はずっと表現することに憧れを持っていました。アニメや映画やドラマを観て心を動かされる経験をしてきたので、いつか発信する側になりたい想いがあって。声優さんは声のみで人を感動させられるのがすごいと思っていて、アイドルさんもAKB48さんや乃木坂46さんをずっと見ていて大好きでした。このオーディションは声優さんの表現もアイドルさんの歌やダンスにもチャレンジできるのが魅力的で、応募させていただきました。


――好きだった声優やアイドルというと?

花川 『きらりん☆レボリューション』の久住小春さんが好きで、マネしたりしてました。今は花澤香菜さんがすごく好きです。ラジオを聴いていると癒されるし、演技の幅が広くて、尊敬しています。

宮瀬 『名探偵コナン』の灰原哀ちゃんをやっている林原めぐみさんが、小さい頃から大好きでした。林原さんの声質に憧れます。『コナン』は毎週欠かさず、映画も必ず観ています。

海乃 声優さんでは南條愛乃さんが好きです。歌も演技もトークも全部素晴らしくて、こんな完璧な声優さんがいらっしゃるのかと。アイドルさんでは、もう卒業されましたけど松井玲奈さん。透明感や表情がすごく好きでした。


――海乃さんも髪形とか細身なところとか、デビューした頃の玲奈さんっぽくないですか?

海乃 ホントですか? 玲奈さんは黒髪ストレートでスラッとしている感じがあって、あと肌が白いので、そこはマネしてるかもしれません(笑)。


――オーディションで特にアピールしたこととかはありました?

宮瀬 私、『心が叫びたがってるんだ。』が大好きで、演技審査の課題が『ここさけ』の台詞だったんですね。うれしくて練習もたくさんできて、気持ちを伝えられたと思います。

海乃 私は舞台上で慌ててしまうときがあるので、なるべく落ち着きはらうことを心掛けました。順番を待っている間も人としゃべるとかえって緊張するから、ずっとうつむきながら誰とも話さずにいて。あとで聞いたら「怖かった」と言われました(笑)。

花川 私は特技がないので、自分の想いを伝えることを頑張りました。他の人は集まってお話してましたけど、私はオーディション自体がどういうものかわからなかったので、ずっと1人でイスに座って、小さいうさぎのぬいぐるみを持って心を落ち着かせてました(笑)。

宮瀬 最終審査の会場まで道を間違えて、着くのがちょっと遅くなっちゃったんです。着いたらもうみんなが仲良く話していたから「えっ?」となって、気おくれして私は1人でずっと端っこにいました。スマホを見ると逆に緊張しちゃうし、何をしていたかも覚えてないくらい余裕がなかったですね。

海乃 審査のとき、私の斜め前に涼花萌ちゃんがいました。人生であんなに透明感のある美人さんを見たことがなくて、今はほんわかして面白い子ですけど(笑)、あのときはすごくおとなしくて。「こんな子に絶対勝てるわけがない」と思ってました。

227_2909umino_tri500

身長にコンプレックスがあったので

小さいキャラを演じて夢が叶いました

海乃るり(戸田ジュン役)

8月8日生|しし座|A型|東京都出身

 

――でも、皆さんも見事に合格。それぞれ決まったキャラクターは自分に合ってました?

花川 私は斎藤ニコルちゃんを演じさせていただいて、「可愛いは正義」という強いポリシーを持っているところは自分と似てるかなと思います。私は「後悔しない」をポリシーにしていて、「可愛いは正義」にも共感します。

海乃 芽衣ちゃんもニコルちゃんと同じように“THEアイドル”という感じです。ダンスの練習で何を踊ってもかわいいんですよ! 「アイドルってこういうことなんだな」と思ってマネしてます(笑)。


――特技も“お菓子作り”とか“お絵描き”とかアイドルっぽいですよね。

花川 特にクッキーを作るのが好きで、アイシングクッキーという絵を描くのがかわいく作れて楽しいです。バレンタインにはメンバーみんなに顔を描いて、あげたいです。

宮瀬 食べたい!


――海乃さんは長身ですけど、演じる戸田ジュンは小さくて。

海乃 そうなんです。“お嬢様でツンデレ”というのも正反対で、最初はどうしようと思いました。でも「身長のコンプレックスを打破したい」と思っているのは、方向は逆ですけど私との共通点だし、モーションキャプチャーで小さいジュンちゃんの身長になって私の夢が叶ったので……(2人を見て)何で笑ってるの? こういうことが起きるんですよ(笑)。

宮瀬 「モーションキャプチャーで小さくなって夢が叶った」というのが面白くて(笑)。

海乃 ありがとう(笑)。お嬢様でツンデレなところも普段の私はまったく活かせないので、アニメでツンデレのキャラクターを見て勉強しています。あと、私は人見知りですけど、仲良くなるとかまってちゃんなので(笑)。ジュンちゃんも子猫みたいに、人に「ねえ、ねえ」とすり寄ってくるタイプだから、そこも似ているのかなと思います。


――2人にもかまってもらってます?

海乃 わりと。花川芽衣ちゃんと道で会うと「22/7の花川芽衣さんですか? 握手してください」みたいなかまわれ方をよくしてます(笑)。


――抱きついたりも?

海乃 抱きつきはあまりしません。愛でるタイプなので(笑)。でもメンバーで抱きついてくる子が多いので、最近は私からも抱きついていくようになりました。私は細身だから「ガッといけて良い」らしいです(笑)。


――宮瀬さんは「お箸の持ち方がきれい」と言われるそうで、それこそお嬢様だったり?

宮瀬 両親が「礼儀作法をちゃんとできる女の子になりなさい」ということで、お箸の持ち方はちゃんとするように言われてました。女子校で、いわゆる温室育ちなので、華道や茶道もやってました。


――やっぱりそういう感じなんですね。でも、演じる立川絢香は“攻撃的・武闘派”という。

宮瀬 そうなんです。最初にキャラクターデザインを見たときの印象は、ふわふわしたかわいらしい女の子でしたけど、属性は攻撃的・武闘派ということでビックリしました。ギャップが一番感じられるキャラクターじゃないかと思います。私自身、かわいさだけでなくカッコ良さもあるアイドルさん、声優さんになりたいと思ってきたので、そこは通じるところで、芯を持って絢香ちゃんと一緒に成長していきたいです。


――そんな宮瀬さんにも、攻撃的な一面を感じることはありませんか?

海乃 攻撃的というわけではないですけど、ファッションはカッコいい系の服も着てきたりしますね。

宮瀬 冬場はレザーとか着ます。ダメージの入ったジーンズも。スカートも穿きますけど、どっちもいけるのがいいと思うので。NMB48の山本彩さんとか乃木坂46の白石麻衣さんとか、カッコいいアイドルさんをリスペクトしているので、パンツ姿も似合うようになりたくて、いろいろ着てみています。

227_2909miyase_tri500

自信が持てない自分と重なる曲で

初めて聴いたときに涙が出ました

宮瀬玲奈(立川絢香役)

5月26日生|ふたご座|A型|福岡県出身

 

――デビュー曲の「僕は存在していなかった」には<僕は自分を信じていない>とか<世界の隅でそっと息をしてた>といったフレーズがありますが、わかる気持ちですか?

宮瀬 メンバーがガツガツ行く子が少ないグループなので、1人1人に重なる歌だと思います。私も初めて聴いたとき、涙が出ました。聴いてくださる方にもどこかに心情が重なる部分が絶対あると思います。私も夢を持って生きてきましたけど、自分に自信が持てないタイプなので。でも、こうやってデビューさせていただいて、応援してくれる方々ができたり、“見つけてもらった”という想いがすごくあります。それが自信につながってきているし、この曲からスタートできるのがうれしいです。


――でも宮瀬さんが「自信が持てない」というのは、ちょっと不思議な感じもします。

宮瀬 結構言われます。「目力はあるのに」とか。


――学校で評判の美少女だったかと。

宮瀬 人から言われても「言ってくれてるだけなんだろうな」と思っちゃって。どちらかというとネガティブなので、ポジティブになりたいんです。

花川 私もオーディションを受ける勇気が全然なかったし、人見知りでポジティブになれなかったので、歌詞の“他の花と比べていた ずっと一人絶望して”は気持ちがわかりました。でも、最後には“自分は自分でいいんだ”というふうに変わってきているところが、共感できます。

海乃 <傷つくくらいなら夢なんか見たくない>というのは、自分もそう思っていた時期があります。オーディションに落ち続けていたので。本当に私たちのために作ってくださった曲だと感じますし、みんなと出会って「自分には自分の色がある」と気づかせてもらいました。


――今は自分の色が見つかって?

海乃 ハイ! 私は名前が海乃るりで、もともと瑠璃色が好きだったんですが、パキッと前に出る色ではないじゃないですか。でも松井玲奈さんがご自身をかすみ草とおっしゃっていたように、私はすごく前に出るわけでなくても、みんなを引き立てられる色になれたら一番いいなと思います。

花川 私はまだ自分の色を手探り中です。マイペースなので自分の速度で成長していけたら。

宮瀬 メンバーによく「私はどんなキャラ?」と相談します。芽衣と同じで手探り状態ですけど、みんなに協力してもらいながら、一緒に頑張りたいです。

海乃 2人ともかわいいタイプで、似た色かなと思います。


――初めてのレコーディングは感動しました?

海乃 スタジオで「テレビで見たところだ!」って、すごく感動しましたね。ヘッドホンを付けると自分の声が聞こえる。他の音を遮断されるので歌に入り込めて、自分の今までのこともガーッと思い出しながら歌えました。

花川 緊張はしましたけど、現場の雰囲気はなごやかで、リラックスして挑めました。

宮瀬 自分の声がCDになるなんて人生の中で考えてもいなかったので、レコーディングは緊張しつつうれしさもあって、出来上がったCDをめっちゃ聴いてます。


――MVは皆さんのモーションキャプチャーでキャラクターが踊ったり動いたりしていて、自分で観るとどんな感覚ですか?

花川 キャラクターにそれぞれの個性が出ているなと思いました。ニコルちゃんは走り方に特徴がありますけど、本当に自分が動かしていると改めて実感して、担当しているキャラクターへの責任を感じました。


――では最後に、今後の躍進に向けて、それぞれが頑張っていることや磨いているところを教えてください。

宮瀬 すべてを頑張らないといけないですけど、何度も言っている通り、自信を持つのが自分の課題だと思います。

花川 玲奈ちゃんのアイドルとしての表現力は、見ていてすごく勉強になりますけど。

宮瀬 歌がうまくなりたくて、ピアノは6年くらい習ってきたので、「これは何の音?」と聞かれてわかるので、「そういうところは自信を持ったほうがいいよ」と他のメンバーに言われますけど……。自信を持てずに悲観的に落ち込んじゃうタイプなので、そこを脱していきたいです。

花川 私は人見知りでおとなしいタイプですけど、こうやってお仕事をたくさんいただくと、皆さんとのコミュニケーションがすごく大事だと感じます。自分の気持ちを表現するためにも、会話を大切にして自分から発信していきたいというのはあります。

海乃 私は日本語に苦手意識を持ってます(笑)。特に敬語。間違った日本語を使いがちなので、そこは磨いていかないと。


――どんな日本語を使ったんですか?

海乃 何かを説明するときに「敬語で言わなきゃ」と思って「説明しようです」と言ってしまったんですね(笑)。「えっ?」となって、ネタ的に台本に載せていただくようにはなりましたけど、普段は直したいと思います。

 

プレゼント

22/7のサイン色紙を抽選で2名の方にプレゼント

応募の締め切りは10月15日。ドシドシ!!

読プレ応募フォーム → http://anican.jp/contactform/

 

227_2908_shugo_500-564

22/7

2016年12月24日、クリスマス・イブ。
応募総数10,325名の中から選ばれた少女たちと、
日本のアニメ界を代表するクリエイターが生み出したキャラクターたち。
それぞれの“彼女たち”の物語が、いま次元を超えて重なり合うーー 。
秋元康 総合プロデュースの新たなアイドルプロジェクトが、いま動き出す。


22/7|僕は存在していなかった|2017年9月20日発売

jk_227_290920_typeA_500-492

完全生産限定盤 Type-A

CD+DVD+トレカ|SRCL-9520~1|¥1667+税

jk_227_290920_typeB_500-490

完全生産限定盤 Type-B

CD+トレカ|SRCL-9522|¥1204+税


DISC-1 ※Type-A/B共通

①僕は存在していなかった
②地下鉄抵抗主義
③11人が集まった理由
④僕は存在していなかった -off vocal ver.-
⑤地下鉄抵抗主義 -off vocal ver.-
⑥11人が集まった理由 -off vocal ver.-

DISC-2:DVD ※Type-A
①僕は存在していなかった(music video)

Label:Sony Music Records


リリースイベント

池袋サンシャインシティ噴水広場

9月21日(木)START 18:00

ミニライブは観覧フリー


 メディア出演

ラジオ|ミュ~コミプラス

ニッポン放送……9月20日(水)24:00
ゲスト:22/7(白沢かなえ・帆風千春)
http://radiko.jp/
http://www.allnightnippon.com/mcplus/
https://twitter.com/mc1242

***

テレビ|アニ☆ステ

TOKYO MX……9月21日(木)22:30
J:COMテレビ……9月22日(金)22:30/9月24日(日)23:30
http://anisong-station.jp/
https://twitter.com/anisong_station


オフィシャルサイト
http://www.nanabunnonijyuuni.com/

オフィシャルTwitter @227_staff
https://twitter.com/227_staff

 

 

LINEで送る

INFORMATION

LINEで送る

227_2908_shugo_500-564

22/7

河野都 CV:倉岡水巴
斎藤ニコル CV:花川芽衣
佐藤麗華 CV:帆風千春
立川絢香 CV:宮瀬玲奈
滝川みう CV:西條和
戸田ジュン CV:海乃るり
藤間桜 CV:天城サリー
丸山あかね CV:白沢かなえ


jk_227_290920_typeA_500-492

jk_227_290920_typeB_500-490

22/7 デビューシングル
僕は存在していなかった
2017年9月20日発売
Sony Music Records


完全生産限定盤 Type-A
CD+DVD+トレカ|SRCL-9520~1|¥1667+税

完全生産限定盤 Type-B
CD+トレカ|SRCL-9522|¥1204+税

DISC-1 ※Type-A/B共通
①僕は存在していなかった
②地下鉄抵抗主義
③11人が集まった理由
④僕は存在していなかった -off vocal ver.-
⑤地下鉄抵抗主義 -off vocal ver.-
⑥11人が集まった理由 -off vocal ver.-
DISC-2:DVD ※Type-A
①僕は存在していなかった(music video)


オフィシャルサイト
http://www.nanabunnonijyuuni.com/

オフィシャルTwitter @227_staff
https://twitter.com/227_staff

 

 

LINEで送る