Annabel 8thシングル|夜の国|インタビュー

LINEで送る

annabel2708メインアルゼンチン生まれの歌姫・Annabelがニューシングル「夜の国」をリリースした。TVアニメ『GANGSTA.』のEDテーマで、同アニメのOP主題歌を担当したSTEREO DIVE FOUNDATIONがサウンドプロデュース。作・編曲を手掛けたR・O・Nとは初のコラボレーションで、ブルージーなサウンドに挑戦したという彼女に話を聞いた。

文/幡野敬

作品にとても馴染んだブルージーなサウンドに初めて挑戦しました

――R・O・Nさんとは初コラボなんですね

Annabel R・O・Nさんの曲はいろんなところで耳にはしていて、その雰囲気も知っていたので、絶対合うだろうなとは思っていたんです。今回は『GANGSTA.』のEDテーマということで、作品にとても馴染んだブルージーなサウンドに初めて挑戦しました。まずはR・O・NさんからTVサイズが上がってきて、それに私が歌詞を書いて返すというところから始まって……。

――サウンド、メロディーにはどういった印象を?

Annabel R・O・Nさんご本人も歌われるし、作詞もなさるので、メロディーに余白を残してくださっているんですよ。歌詞を完全に譜割りと合わせなきゃ成立しないっていう形ではないので、いただいたメロより文字数を増やしたりしました。サウンドも一筋縄ではいかない感じがして、さすがだなと思いました。

――作詞する際に考えたことは?

Annabel どういったED映像が作られ、そこにどんな流れでEDテーマが付くのか、いろんな作品のEDだけを見て研究したんですよ。それでこういったシリアスな作品のEDには、止め絵がくるだろうと想像して(笑)。

――ほぼ正解でしたね(笑)。

Annabel そこで描かれるのはウォリックとニコラスの幼少期じゃないかと思ったんです。もの悲しさの中にある希望をイメージして書きました。

――「夜の国」というタイトルについては?

Annabel ふたりはずっと暗い夜しかない国にいるんだけど、そこから出たいっていうのではなく、ここで生きていこうっていう歌なんです。私の言いたいことは、このタイトルで伝わるんじゃないかなって。

――ED映像と歌が重なったのを見たときはいかがでした?

Annabel 幼少期のふたりはまったく出てこなかったですよね(笑)。

――大人バージョンでしたね。

Annabel でも、カッコいいふたりの止め絵が流れていて、いいEDだなと思っていたところに、突然のニコラスの手話! しかも歌詞に合わせている。めちゃくちゃ興奮しましたね。「やられた!」と思いました。

――EDの演出・絵コンテ・原画を担当した梅津(泰臣)さんもブログにも、そのことは書いてましたよね。

Annabel 私もそれを読んで熱い気持ちになりました。普段映像の方とお話しする機会はないので。私が作ったものに対して、相手がどう受け取るかを考えながらやっているので、いい意味でこういった裏切りがあるとうれしいですね。

――ホントに歌と絵がシンクロした素敵なEDになりましたね。

Annabel 実は、TVサイズで聴ける〈君とふたりで〉って歌詞は、フルサイズの1番では〈誰にも見つからずに〉なんです。そこから展開して、相手の中に光を見い出していく構成になっていて、ラスサビの最後で〈君とふたりで〉がくるんです。フルサイズではDメロからラスサビにかけて気持ちが上がっていくので、それを楽しんでいただけたらと思います。

――この「夜の国」の空気感を表現するためにボーカルで大事にしたところは?

Annabel ハスキーな枯れた声にしようかなと思って。サビでは抜けるような感じもあるんですけど、ちょっとダークに、つぶやきに近い歌唱法にしています。でも少年っぽさは意識しました。丁寧に歌うところをぶっきらぼうにしてみたり……。

――かなり入り込んで歌っているというか……。

Annabel 感情のままに(笑)。でも〈君とふたりで〉の部分は感情を込め過ぎたせいか、ちょっとボーカルが揺れちゃったんですよ。そこが不安でR・O・Nさんに相談したら「それがいい」って言ってくださったんで、迷いもなくなりました。

――「ターミナル」には何やら仕掛けがあるとか。

Annabel 『GANGSTA.』のOP主題歌「Renegade」(STEREO DIVE FOUNDATION)のカップリング「Dropping melodies」のメロディーを別アレンジで歌っているんです。歌詞も私が書いて。

――「Dropping melodies」は、Annabelさんがボーカルで参加してましたよね。

Annabel そうなんです。せっかくR・O・Nさんとコラボするんだから、お互いのカップリングでもって(笑)。

――エレクトロな、昂揚感のある仕上がりになってますね。

Annabel 表題曲と真逆の曲をやろうということで、ボーカルもバリバリに加工しています。マスタリングのときも「フェス仕様でいきましょう」ってスタッフとどんどん盛り上がって。ベースなど低音も出せるだけ前に出してもらった結果、ライブで踊れるような曲になりました。

――そういえばライブ活動にも力を入れてますよね。

Annabel 今までは、スタジオに籠もって楽曲を作る、そこまでが楽しいと思っていたんですけど、それだけじゃないなと(笑)。今月23日にもライブイベント(「V.M.A“Visual Music Alternative”」)があるんですが、そこで「夜の国」をバンド形式で初披露します。そしていつかはR・O・Nさんのギターで「夜の国」を歌いたいですね。

 

 

Annabel 8thシングル|夜の国|発売中

TVアニメ『GANGSTA.』エンディング主題歌

annabel270826通常ジャケannabel270826初回ジャケ①夜の国  作詞:Annabel 作曲・編曲:R・O・N

②ターミナル  作詞:Annabel 作曲・編曲:R・O・N

③夜の国(Instrumental)

④ターミナル(Instrumental)

初回限定盤|CD+DVD|LACM-34377|¥1,800+税|DVD には「夜の国」Music Clip を収録

通常盤|CD ONLY|LACM-14377|¥1,200+税

2015年8月26日発売|発売元:ランティス|販売元:バンダイビジュアル

夜の国|発売記念イベント|ミニライブ&サイン色紙お渡し会

大阪|9月13日(日)18:00開演予定
タワーレコード難波店/5Fイベントスペース

東京|9月21日(月祝)21:00開演予定
タワーレコード新宿店/7Fイベントスペース

 

Annabel ワンマンライブ開催

10月3日(日)代官山LOOP/東京都

OPEN 18:30/START 19:00

 

Annabelライブ直前スペシャル生放送

9月25日(金)20:300~21:30 予定|チャンネルは近日公開

*準備の関係で放送時間が前後する場合がございます。予めご了承ください。

出演:Annabel 蓮尾理之(THE JETZEJOHNSON / SEAGULL SCREAING KISS HER KISS HER) 照井順政(ハイスイノナサ) 山崎英明(ex.School Food Punishment) 山下賢(MOP of HEAD)

Annabelやメンバーへご質問やメッセージなどをどしどし!

宛先は annabel@victormusic.jp またはオフィシャルサイトのメールフォームより

 

LINEで送る

INFORMATION

LINEで送る

annabel2708main_tri

Annabel

3月18日 アルゼンチン・ブエノスアイレス生まれ
2005年より音楽活動を開始。bermei.inazawaとのユニットanNinaのボーカルとして、TVアニメ『ひぐらしのなく頃に解』のEDでデビュー。繊細で透明感のある歌声でソロボーカリストとしてもアニメ・ゲーム音楽など数々の作品に参加。やなぎなぎとのユニットbinariaでも精力的に作品を発表している。

 

オフィシャルサイト

オフィシャルツイッター

@a_nnabel

 


 

annabel270826初回ジャケannabel270826通常ジャケ8thシングル|夜の国

2015年8月26日発売

 

annabel260326通常2ndアルバム|TALK

2014年3月26日発売

 

annabel241128通常1stアルバム|miniascape

2012年11月28日発売

 

 

 

 

 

LINEで送る