高橋直純 ぎゅぎゅっと直缶

第34回|次の季節へ……

LINEで送る

takahashinaozumiFBAP-725x725高橋直純の『ぎゅぎゅっと直缶』第34回|次の季節へ……

 

キラリラリーン 34回目の高橋直純です。

 

まだまだ暑い日が続いていますね。

電気代が7月より跳ね上がっていて、「やっぱりな……」

と思い当たること、行動が頭をよぎったり、

「それにしても高いな」と思い返してみたりして、

請求書兼領収書をじぃ〜っと見ていても、なにも変わるわけではないけれど、

第3段階までの電気代までいっているので、「クーラー使いすぎなんだな」

と思ったり、反省したりしていた(ちょっと調べた)俺なのだ。

 

そんな暑かった夏も、もうそろそろ終わりが見えてきた。

そこで今月は、

夏と言えば? “音霊!!!” という俺が、音霊を振り返って見ようと思う。

 

《夏を呼んだ!?》

 

毎年恒例のように呼んでいただいている音霊でのLIVEが、

今年は、7月10日、8月9日と、2回あった。

もう記憶には薄くなってしまったかもしれないが、

今年の夏が来るのはすこし遅かったような感じだった。

なにせ今年の7月は、

9日までの東京の合計日照時間が “24分” という、記録的な寒さだったのだから。

 

それが、音霊の当日(7月10日)は驚くほどの快晴になり、

気温もグングン上がり、奇跡の夏がやってきた日だったから、

暑くなったことも喜びだったくらいだし(笑)。

その日を境に、もう驚くほどの暑さになっていったし。

それ以来、年間予報で出ていた “冷夏” なんていうものは、

この夏は微塵も感じなかったのではないだろうか。

7月10日は、まさに、みんなで呼んだ “夏を満喫した日” だったと思う。

そう……ミラクル! だったと思う。

 

8月も、もうガンガンに暑さ全開で、少し手加減して欲しい……

なんて思ったほどだ(笑)。

思いっきり……いや、もう絞っても出ないくらいに、汗をかいたLIVEになった。

「やっぱコレだね! 夏は!」

そんなことを思った1日だった。

もの凄く楽しい楽しい1日だった! 最高の音霊だった!

 

《感じるミラクル》

 

そんな天気を味方につけた今年の音霊。

どちらのステージでも、ある意味 “ミラクル” を感じた(笑)。

 

いつもなら絶対しないようなハプニング(!?)が起こったからだ。

自分のマイク立ち位置を間違えたり、ブルースハープを逆さまに持ったり、

セットリストを飛ばしてアンコール予定だった曲まで歌ったり……。

この生活をはじめて、かなりの長きに渡って活動させていただいているが、

そんな中でも1・2番の “ミラクル笑い” が起こったステージになった。

 

自分の中では、今回は “ちょっと大人ムード” のパフォーマンスをして、

9月から始まるFCの∀’LIVEツアーに繋げようというもくろみがあったのだが……(笑)

それが、ちょっと違った方向にいった。

しかも、狙いではなく、導かれるように……。

 

これは、きっと意味のあることに違いない。

自分はそう感じた。

 

詳しいことは、

8月26日に発売されたばかりの「Pick-Up VOICE Vol.94」に7月の音霊レポートが、

9月発売予定の「Pick-Up VOICE Vol.95」には8月の音霊レポート

(撮り下ろしグラビアページ有り)が掲載されるので、

是非とも、その暑さと熱さを感じる写真と記事をチェックして欲しいと思います。

毎年、取材に来てくださるのも本当に嬉しくて感謝しています!

みなさんの応援のおかげです。ありがとう!!!!

 

《次のステージへ》

 

自分は、今、通常業務の中にリハーサルも入ってきていて、しこたま充実な日々だ。

この記事をみなさんが読んでくださる頃には、

間もなく1箇所目の∀’LIVEが終わる……頃だと思われるが。

まだまだ、10月末まで続くので、気を引き締めてやっていきたいと思う。

 

実は……さらに “その先” のことも考えつつの毎日なのだ。

だから、自分の中では音霊3回(空と海×2)からの∀’LIVEからの、

次のA’LIVEへと今年度のイメージはどんどん膨らんでいっているのだ。

 

季節が終わって、また次の季節がやって来て。

いろんな経験や感じたことが重なって、また未来へ向かって歩んで行く。

 

様々なことに出逢ったり、予期しないことが起こったり、

時には泣きたくなるようなことがあったりもする。

 

そんな中でも、こうして “何かを共にして” 歩んでくださる人が居てくれるというのは、

本当に自分の中の力になっている。

一緒に泣いたり笑ったりして生きていられるのは、

とても有り難いことで、とても幸せなことなのだと思う。

 

終わったことや過ぎたことは、自分の中で残っている。

歩んだ足跡は、たとえ隠そうとしても隠れないモノだと思うから。

だから、自分には嘘をつかずに、しっかり見つめながら歩いていきたいと思っている。

 

その先に、一緒に笑っていられるように……。

今日を一生懸命に生きようと思うんだ。

 

よっし!!!

また、進んで行くぞーーーーー!!!!!

\(^_^)/

 

では。まったねーーー!

 

 
高橋直純「OFFICIAL FAN CLUB n.」限定、お泊まりツアー。

ライブを中心としたファンクラブ限定お泊まりツアー! キャンプファイヤーを含む温泉宿泊イベント2ヶ所と、温泉宿泊会場イベント3ヶ所となっています。

 

もえあがれ! 夢のひとときツア-!! “Burning”&“Branch”

・9月5日(土)~9月6日(日)新潟県・越後湯沢

・9月26日(土)~9月27日(日)大分県・別府温泉

・10月3日(土)~10月4日(日)岐阜県・下呂温泉

・10月17日(土)~10月18日(日)福島県・磐梯熱海温泉

・10月24日(土)~10月25日(日)山梨県・西湖

 

高橋直純オフィシャルウェブサイト

もえあがれ! 夢のひとときツア-!! “Burning”&“Branch” 詳細応募フォーム

※応募は締め切らせていただきました。沢山のご応募ありがとうございました。

 

LINEで送る

高橋直純

LINEで送る

jk_naozumi290222_640

JUICYS

2017年2月22日発売


オフィシャルサイト

オフィシャルブログ

Twitter @naozumiT


たかはし・なおずみ

12月6日生 いて座

岩手県出身 A型

T-promotion所属

2002年にミニアルバム『~kiss you~』でのデビュー以来、 これまでに23枚のシングル、2枚のミニアルバム、9枚のフルアルバム、2枚のベストアルバム、 20タイトルのDVDをリリースし、全国規模のライブツアーを 定期的に行うなど精力的に活動中。 歌手の他にも声優や舞台、テレビドラマなど活動の場所を拡げている。


レギュラーラジオ

高橋直純のトラ×ブルメーカー ●東海ラジオ|毎週土曜 27:00 ●東北放送|毎週日曜 24:00 ●岐阜放送|毎週日曜 24:30 ●youtube動画|毎週月曜更新


naozumi280622dvd_640Naozumi Takahashi A’LIVE 2016 MAGIC BOX TOUR@AKASAKA BLITZ 2016.3.3 LIVE DVD
2016年6月22日発売

AXIS_GOBUGOBU_通常AXISGOBU GOBU

2016年1月13日発売

MOB_MayQ_通常MOBMayQ

2016年1月13日発売

TRICK_AGAIN_通常TRICKAGAIN

2016年1月13日発売

PPONPONKING_BLUE_通常PON PON KINGBLUE

2016年1月13日発売

takahashinaozumi270318初回Naozumi Takahashi A’LIVE 2014 VOICE RENDEZVOUS TOUR-COMPLETION-

2015年3月28日発売

naozumu260917jk

19thシングル ふうらいぼうきょう/望遠郷

2014年9月17日発売

jk_takahashi

最新アルバム

VOICE RENDEZVOUS

2014年6月11日発売

 

LINEで送る