motsu モモ上げ同好会

コラム #motsu 93|やり過ぎくらいがちょうどいい

LINEで送る

motsu2802_640

 

業界系の忘年会に参加したときの話です。

その会にはドレスコードがあって、

なるべく派手な格好でインスタ映えしましょう

……とのことでした。

 

なるほど派手な格好なら任しときー

ということで、当日夜、僕は

胸が思いっきり空いたまっ黄色の

ヒョウ柄セーターを引っ張り出してきて

鏡の前で合わせました。

 

よっしゃ大胸筋もバッチリ決まって素晴らしい。

これぞインスタ映えであるな

……とひとしきり自惚れしました。

 

が、ふと、考えがよぎりました。

通常こういう業界系の忘年会やパーティーは

オモテ役の我々も裏方の業界人も

全員が主役です。

というか、どっちかというと

普段裏方の人たちの方が主役で

弾けていい場である、

という印象があります。

 

そっか、派手が仕事の僕だからこそ

こういう時は一歩下がった方がいいのかな?

鏡の前で逡巡しました。

いつもちょっと食い気味、やり過ぎ、

空気読めない、いい歳コイて、

などというネガティブワードが

浮かび上がってきました。

 

うーん悩む。

部屋にかけてあった紺のワイシャツを眺めながら

このヒョウ柄の僕と地味な僕の

今晩の姿を想像しました。

 

うん、やっぱコレ!
やり過ぎくらいがちょうどいい業界にいるのを

危うく忘れそうでした。

ド派手で行くことに決めた僕ですが、

外は極寒だったので

スリムパンツの下に

ユニクロの極暖スパッツを履きました。

胸が空いてる分の体温ロスを

脚でカバーする作戦です。

 

薄着で若々しいですねえ、

と言われることを想像して

ウキウキと家を出ました。

 

身を切る寒さの六本木を急ぎ、

いよいよ会場につくと

なんと超満員のギッチギチでした。

そして盛り上がりの熱が凄いのです。

 

急ぎ足だった僕の体温は

ユニクロの極暖によって行き場を失い、

ざっくり空いた胸の谷間に

大量の汗となってダクダクと流れました。

 

せっかくアピールしたかった派手さですが、

謎の発汗でキモい感じになってないか

心配しっぱなしの夜になってしまいました。

 

冬のお出かけってホント悩むものです。

 

motsu3001-190_500f

初掲載:フリーペーパーアニカンVol.190/2018年1月17日発刊

 

 

PROFILE&INFOMATION
motsu|5月22日生|ふたご座|A型|千葉県出身|エイベックス・マネージメント所属|アニソンCLUB!(TOKYO MX……金曜22:00、ニコニコ生放送)ではMCを担当|MORE DEEP(1989-1995)、m.o.v.e(1997-2013)、ALTIMA(2011-2016)等ユニットでの音楽活動の他、ファッションブランドGHETTO BLASTAを主宰するなど多方面で活躍中☆


Twitter @Motsu_MC
オフィシャルサイト http://avex.jp/motsu/

 

 

 

LINEで送る

motsu

LINEで送る

motsu2802_640

オフィシャルサイト

http://avex.jp/motsu/

Twitter

@Motsu_MC


22才で渡米、ラップとダンスを独学で学ぶ。1990年にDANCE MUSICユニット“MORE DEEP”のリーダーとしてデビュー。1997年にm.o.v.eへ参加。その後、m.o.v.eとしての活動を母体に、V6、倖田來未、AAAへの楽曲&作詞提供や、Every Little Thing、浜崎あゆみのリミックスアルバムなどへの参加、ネイティヴな語学を武器にした英語作詞家、自身のブランド「GHETTO BLASTA」を中心としたアイウェア/アパレルデザイン等、幅広い活動を続ける。人気TVA『頭文字D』の放送開始から現在に至るまで全てのオープニング楽曲をm.o.v.eとして手がけた事により、2007年から世界最大のアニソンの祭典『アニメロサマーライブ』へ出演(以降、6年連続出演)。この出演を皮切りに、田村ゆかり楽曲へのfeat参加、2011年にはfripSideのsat、黒崎真音と新ユニットALTIMAを立ち上げ、『灼眼のシャナ』『アクセルワールド』等、人気アニメのテーマソングを手がける等、アニソンシーンでも活躍を続け、2012年のアニメロサマーライブでは初日の大トリと総合司会まで務めた。2013年3月16日に行われたラストライブを持ってm.o.v.eとしてのユニット活動は終了。その後、ALTIMAとしての活動は勿論、ジャパンカルチャーを濃縮した海外向けライブパッケージ「motsu×DJ KAYA」や、水面下のものも含め複数のプロジェクトを立ち上げ・参画。ALTIMAとしては、2014年3月に1stアルバム『TRYANGLE』を発売し、初の東名阪ライブツアーは全公演ソールドアウトを記録したが、2016年8月のアニサマで活動休止を発表した。日本のRAP/DANCE MUSIC創生期から培ってきたジャンルの枠や、国境(他に先駆け積極的に海外展開を実施。ブラジル/チリ/アルゼンチン/ペルー/台湾/シンガポール/アメリカ/ドイツ/オランダ/スウェーデン等での海外公演を成功に収める)の枠までをも超えてオーディエンスを盛り上げるパフォーマンススキルとサウンド/リリックメイキング、センスは間違いなく日本において唯一無二で、その勢いはまだまだ拡大中。


kotoko_altima280720tsujo_640

kotoko_altima280720anime_640

KOTOKO×ALTIMA

PLASTIC FIRE

2016年7月20日発売


altima_1st

ALTIMA TRYANGLE

2014年3月26日発売

move250227

m.o.v.e ベストアルバム

Best moves. ~and move goes on~

2013年2月27日発売

 

 

LINEで送る