高橋直純 ぎゅぎゅっと直缶

コラム #高橋直純 67|amorousツアースタート

LINEで送る

naozumi201807main_500trif

キラリラリーン☆

観測史上初! 観測史上最速! とか……そういう、

地球が生まれておよそ46億年からという、

地球の歴史から見たら短い時間の言葉に踊らされ、

すでに夏バテ気味な俺……⁉

 

いや、そんなことはない!

だからこそ、いつもより気を引き締めて、

今月もどうぞよろしくお願いいたします。

 

この原稿の締め切りは過ぎてしまったが、

どうしてもツアー初日が終わってからの気持ちで書きたくて、

7月末日の朝に、こうして書かせてもらっている。

 

《amorousが発売され》

 

7月18日にnewアルバム『amorous』が発売され、

まだイベント期間真っ最中という、かなりイレギュラーな今回。

もしかしたらデビュー以来、初かも?という感じだ。

 

……まぁとにかく嬉しいアルバムだ、

という話は前回もしているので割愛するが。

でも、みなさんからいただく反応の熱量からしても、

とても良い作品になった

……という感覚になっている。

 

そんな中、すでにツアーもスタートした。

発売日から10日ほどで初日という、

これまた異例の、

言わば “高橋直純観測史上初” の早さでの開幕に、

自分自身もかなり右往左往しつつ、

でも、良いものにするべく全力で取り組んできた。

 

ユーザーの皆様も「聞き込む時間が無い」という中で、

はじまったamorousツアーである。

特にハプニング続きで突入した初日は、

きっと今後も伝説的に語り継がれるであろう。

 

ツアーというもの、どうしても、

「やってみたいこと」

というものは、

「やってみないと分からない」

部分が大きい。

 

まぁ、なんでもそうだと思うのだが、

「やってみて分かること」

「やってみて感じること」

「やってみて見えてくるもの」

が必ずある。

 

少なくても今回のツアーは、

それでなくてもアルバム制作から、

ずっと「ピンチをチャンスに」変えてきた流れのまま、

まさに「バタバタ」という言葉がピッタリの状況だったので、

俺自身も、通常よりも早い段階で、

決断しなければならないことがたくさんあった。

 

だから余計に「やってみて」という部分が無いままでは、

このコラムは書けないと思った。

上っ面の「楽しいA’LIVEになります!」なんて話で、

お茶を濁すような話にはしたくなかったからだ。

 

《時間があればいい》

 

時間があればいい……というものではない。

それは分かっているつもりなのだが。

 

いつもは時間をかけて、こねくり回して、

あぁしよう、こうしようと作り上げていく自分。

「やっぱりこうしよう」と何度もひっくり返して、

結局は「やっぱり……」と元に戻ることも多い。

 

最初の “直感” というものが大事なのだ、と思わされる。

今回は、その “直感力” が特に試されていると感じた。

 

「絶対に楽しくなる」

そう思って作り上げるのだが。

通常は、実際にやってみて流れが今ひとつで、

曲を入れ替えたりカットしたりして、

何度も何度もやってみて構築していくのだが、

このツアーはゲネプロで実際に通してみたという状態だった。

 

が、しかし。

そのこねくり回そうとする自分に、

まわりの反応がストップをかけた。

 

「良いじゃん!」「格好いい!」

そういう言葉をなかなか鵜呑みに出来ない自分は、

「ほんとぉ~にぃ~?」

とまだ半信半疑だったりもしている。

 

いや。

「これでいい!」

と思ってやっているのだが、

「もっと良い方法があるかも?」

と、再度、思案してしまう時間が無いだけなのだ。

 

性格が慎重な上に臆病だったりもしているので、

納得するまでの道のりは長くないとならないらしい。

「苦労したから良い」という発想が、

未だにきっと、頑固にこびりついているのだ。

 

長年連れ添っている仲間たちが、

「良い!」と言ってくれている。

この言葉を信じていないのだろうか……。

 

いや、そんなことはない。

ただ、責任は自分にあると思っているので、

「誰かが言ってくれたから」

では納得出来ない自分がいるのだ。

 

だから今回は “異例” の “ゲネ2回通し” という、

まさに鬼のようなリハを決行した。

「やり切った」という自己満ではあるのだが、

そういった結果をもって

本番に臨みたかったからだ。

 

《やり切った》

 

そこにいた誰もが思った。

「疲れたぁ…………」

「やり切ったぁ……」

倒れ込むように、

魂が抜けたようになった。

 

そして思った。

「これで大丈夫」と。

あとは本番を楽しむのみだ、と。

疲労した顔の奥に、

大丈夫の力強い眼差しがそこにはあった。

 

青春ドラマのワンシーンみたいに、

スローでフォーカスがちょっと甘くなって、

突然、BGMが消える

……そんなシーンに俺は見えていた。

 

その時には、まさか初日にハプニングで、

現地でのリハーサル時間がなくなる……とは、

誰も思っていなかったのだが……。

 

《amorousツアースタート》

 

初日の札幌。

移動手段が飛行機ではなく陸路になった。

到着時間は、ほとんど開場時間だった。

 

当然、完璧なものを披露したいので、

スタッフ陣は開演時間を押してスタートさせよう、

ということも考えてくれていた。

 

でも、青春のワンシーンを体感してきたメンバーは、

サウンドチェックも先乗りしていたスタッフさんを信じ、

リハも最小限の時間で出来ることのみをして、

9時間の早朝移動から会場入りして、

ほどなく本番になった。

 

あのゲネがココで効いてくるとは……。

そう思った。

 

初日というのは、演者はもちろん緊張もあるものだ。

でも、お客様もなぜかワクワクという緊張をしている。

(と俺は思っている)

 

どんな内容なのか?

何を歌ってくれるのか?

息を飲み込むように力が入っているのが分かる。

 

自分はやることをやるのみ!

……ではあるのだが、

その空気を感じて、受け取って、

自分はどう動くかちょっと現場対応なところもある。

 

一緒に作ってもらう、

“仲間” であり “メンバー” だと思っているから。

 

そしてはじまった初日。

一気に会場が一つになっていくのを感じた。

 

ハプニングはある意味で記憶に残るものになる。

いつもならば、こういう話はしないのだが、

今回は “異例” 続きなので、これも “異例” として、

隠さずにFCなどでは呟いていた。

 

でも、それだけではない、

なにかとてつもなく大きな力がそこにあった。

それを在り在りと感じる瞬間が何度もあった。

 

すごかった。

楽しかった。

 

……そして。

まだまだ進化していく、

まだまだ進化出来るステージだ、

そう強く強く感じた。

 

これからいらっしゃる方。

きっと……

また “異例” なことがあるかもしれない。

 

それは分からないけれど。

……でも、何度でも見て欲しい!

「また見たい!」

そう思っていただけるA’LIVEだと俺は思う。

 

今の俺。そして明日へ、未来へ……繋がっていく。

そう感じる、感じられるステージだから。

生きている、ひとつのA’LIVE……だから。

 

会場で……待ってるよ!

一緒に。

amorous……しよう!!!!!

 

では。まったねーーー!
\(^_^)/

 

 


高橋直純 LIVE&EVENT INFORMATION

Naozumi Takahashi A’LIVE 2018 amorous TOUR

高橋直純ライブツアー2018開催決定!! オリジナルニューアルバム『amorous』(エメロウス)を引っさげてのツアー! この機会にぜひ会場へ遊びに来て、生の迫力と熱を感じてください!

7月29日(日)Open 16:00 Start 16:30 札幌Sound Lab mol
8月04日(土)Open 16:30 Start 17:00 心斎橋 Music Club JANUS
8月11日(土)Open 16:30 Start 17:00 広島SECOND CRUTCH
8月12日(日)Open 16:30 Start 17:00 福岡BEAT STATION
8月18日(土)Open 16:15 Start 17:00 名古屋CLUB QUATTRO
8月19日(日)Open 16:30 Start 17:00 浜松窓枠
8月25日(土)Open 16:30 Start 17:00 仙台darwin
9月16日(日)Open 16:00 Start 17:00 新宿BLAZE

チケット情報等、詳しくは高橋直純オフィシャルウェブサイトでご確認ください。
高橋直純 オフィシャルウェブサイト https://naozumi.tv


高橋直純 13thアルバム|amorous|NOW ON SALE

11枚目となるニューアルバム 『amorous』(エメロウス)。ジャケットなど自身が手掛けるアートワークによる “コンセプチュアルな仕掛け”。”声” を使ったアレンジ。”クラップチュ” による” 思わずハッとさせられるサウンドアプローチ”。『目から』『耳から』”amorous” の衝撃が押し寄せる!!!!

jk_naozumi20180718_500-400trif


高橋直純 13th album amorous|¥3,200+税|REALR-2018|2018年7月18日発売
①「amorous」 ②「ワンチャン!」 ③「odd irony」 ④「源氏星(リゲル)」 ⑤「sugar beads」 ⑥「16X2018」 ⑦「FOuR ColorS」 ⑧「メキメキ」 ⑨「有頂天上虎視眈々」 ⑩「2020 NIPPON!」全10曲収録
発売元:リアライズレコード|販売元:アドニス・スクウェア


LIVE DVD|NOW ON SALE

Naozumi Takahashi A’LIVE 2017 POISON & STRAWBERRY TOUR


デビュー15周年! “最高に最高超” な “いま” 出来ること。“いま” やりたいこと。を詰め込んだNaozumi Takahashi A’LIVE 2017 “POISON & STRAWBERRY” TOUR。絶賛発売中。1曲ずつこだわって編集したライブ映像! 様々な視聴環境でも楽しめるライブサウンド! ライブ本編映像をさらにジューシーに彩る特典映像! 高橋直純を知っている人も、初めての方も一瞬でその虜に! 三位一体の最高傑作!! 恒例の隠し映像も“あの夏の感動”を呼び起こす!!


Naozumi Takahashi A’LIVE 2017 POISON & STRAWBERRY TOUR@SHINJUKU BLAZE 2017.7.29
¥6,482+税|REALR-3021|2017年12月6日発売
発売元:リアライズレコード|販売元:アドニス・スクウェア


『POISON & STRAWBERRY TOUR』ライブ音源がア二メロミックスで独占配信中
DVDに収録されたライブサウンドをお手軽にお楽しみいただけるアイテム! ダウンロード特典として「高橋直純 A’LIVE 2017 POISON & STRAWBERRY TOUR オリジナル壁紙」といった素敵なプレゼントも。詳しくはア二メロミックスのサイトをご確認ください。
https://pc.animelo.jp/portals/artist/3184?cp_webto=nico_n_takahashi


LIVE DVD|音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2016|発売中

LIVE DVD OTODAMA SEA STUDIO 2016
Naozumi Takahashi ONE-MAN A’LIVE 『OTONAMI』

jk_naozumi290701dvd_500-351

2016年8月11日、夏真っ盛りの鎌倉由比ヶ浜! “神セトリ” と言わしめたスペシャルな選曲を擁したワンマンA’LIVE『音波-OTONAMI-』を余すところなく収録。今までのライブDVDとはひと味違う音霊ならではの雰囲気! それを煽るかのような躍動感のある映像! そして迫力のライブサウンド! そっと聞こえてくる波の音も、このライブならではで素敵! どれを取っても見所満載の作品です。


¥6,018+税|2017年7月1日発売|発売元:T-promotion

通販サイトT-SHOP
http://shop.t-promotion.net/products/item_Info.php?itemID=173


ラジオ番組「高橋直純のトラブルメーカー」絶賛放送中

東海ラジオ:毎週土曜|27:30~28:00
東北放送:毎週日曜|24:00~24:30
岐阜放送(ぎふチャン):毎週日曜|24:30~25:00
YouTube動画:毎週月曜更新 ※時間不定期
トラメカスタッフブログ http://ameblo.jp/troublemakerstaff

 

___LIVE・イベント詳細・高橋直純の今後の予定はコチラまで___

高橋直純オフィシャルウェブサイト https://naozumi.tv
高橋直純公式Twitter @naozumiT https://twitter.com/naozumiT
T-promotion Twitter @Tpromotion2013 https://twitter.com/Tpromotion2013

 

 

 

LINEで送る

高橋直純

LINEで送る

jk_takahashinaozumi20181226dvd500f
LIVE DVD

Naozumi Takahashi A’LIVE 2018 amorous TOUR @SHINJUKU BLAZE 9.16

2018年12月26日発売


jk_naozumi20180718_500
ニューアルバム

amorous

2018年7月18日発売


197_takahasinaozumi_500fフリーペーパーアニカン197
http://anican.jp/


jk_naozumi291206dvd_500fNaozumi Takahashi A’LIVE 2017 POISON & STRAWBERRY TOUR@SHINJUKU BLAZE 2017.7.29

2017年12月6日発売


jk_naozumi290701dvd_500f音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2016
2017年7月1日発売


オフィシャルサイト
http://naozumi.tv/
オフィシャルブログ
http://naozumi.tv/blog.php?@Page_Status@=none
Twitter @naozumiT
https://twitter.com/naozumiT


たかはし・なおずみ

12月6日生 いて座

岩手県出身 A型

T-promotion所属


2002年にミニアルバム『~kiss you~』でのデビュー以来、 これまでに23枚のシングル、2枚のミニアルバム、9枚のフルアルバム、2枚のベストアルバム、 20タイトルのDVDを発表し、全国規模のライブツアーを定期的に行うなど精力的に活動中。 歌手の他にも声優や舞台、テレビドラマなど活動の場所を拡げている。


レギュラーラジオ

高橋直純のトラ×ブルメーカー ●東海ラジオ…毎週土曜27時00分 ●東北放送…毎週日曜24時00分 ●岐阜放送…毎週日曜24時30分 ●youtube…毎週月曜更新


jk_naozumi290222_640

JUICYS

2017年2月22日発売


naozumi280622dvd_640Naozumi Takahashi A’LIVE 2016 MAGIC BOX TOUR@AKASAKA BLITZ 2016.3.3 LIVE DVD
2016年6月22日発売

AXIS_GOBUGOBU_通常AXISGOBU GOBU

2016年1月13日発売

MOB_MayQ_通常MOBMayQ

2016年1月13日発売

TRICK_AGAIN_通常TRICKAGAIN

2016年1月13日発売

PPONPONKING_BLUE_通常PON PON KINGBLUE

2016年1月13日発売

takahashinaozumi270318初回Naozumi Takahashi A’LIVE 2014 VOICE RENDEZVOUS TOUR-COMPLETION-

2015年3月28日発売

naozumu260917jk

ふうらいぼうきょう/望遠郷

2014年9月17日発売

jk_takahashi

VOICE RENDEZVOUS

2014年6月11日発売


発売元:リアライズレコード 販売元:アドニス・スクウェア

 

 

LINEで送る