第49回 PS3『rain』は新鮮なゲームでした!

第49回 PS3『rain』は新鮮なゲームでした!
LINEで送る

morya_satomi_02谷里美 さとみんの小部屋
第49回
PS3『rain』は新鮮なゲームでした!

 

今年の目標を「未経験なことをやっていく」

と決めた私ですが(前回のコラム参照(笑)、

2月に入ってまだ上旬…

今月は何をやろうかな~と

考えているところです(笑)。

真っ暗な早朝から

初めての地へ遠出したりはしたのですが…

うーん、ちょっと違う気もするしなぁ…(´・ω・`)

 

あ、最近知人に借りた『rain』というPS3用ゲームソフトがあるのですが、

これが自分にとってはとても新鮮なゲームでした!

テレビ画面でゲームをすること自体久々で、

説明書などを読まない派の私はすぐにゲームをスタート♪

絵本のようなタッチの絵で物語が始まり、

透明な少女が透明な怪物に追いかけられていました。

いつの間にか自分自身も透明になっていて、

逃げ惑っている少女を追いかけるところから操作がスタートします。

 

いろんなところを少女が逃げていくのですが、少し始めてはっと気づきました。

何ということでしょう…怪物が出てくるのに丸腰です( ゚Д゚)‼

このゲームには武器が一切なかったのです!!!

“無双”などバッサバッサと闘うものが好きで、

基本的にガードができないので「やられる前にやれ!」の私なのに…

武器がないなんてどうすれば…っ。

 

では、どうやって進めていくのかというと、

物語の間ずっと雨が降り続けているのですが、

この透明な存在たちは雨に打たれていると透明ですが姿が見え、

怪物にも見つかってしまいます。

逆に、建物の中や屋根の下など、

雨の当たらないところでは完全に姿が見えない状態になります。

姿が見えない間は怪物に襲われる心配もありません。

(見つかると怪物の方が早いので逃げきれず、

殆どの場合鈍い音がしてゲームオーバーです(>_<)

この特徴を利用して、時には怪物から身を隠し、

おびき寄せたりして必死に少女を追いかけ助けていくのです。

 

ハラハラしました…!

とってもハラハラしました…!!( ;∀; )

武器がないという状況がより一層そうさせたのだと思いますが、

でもこのゲーム、音声も一切なくゲーム中ずっと雨音や足音などの音だけなんですね。

雨音に、水の綺麗な映像…シーンと静かな街並みに、走る足音だけが響いて…。

結末もほわんとするあたたかい内容でしたが、

静寂と恐怖を堪能できる、とても新感覚のゲームでした(*´ω`)

 

あ! そういえば一晩でゲームをクリアしたのは初めてでしたー!(´▽`*)

そして、その夜はとてもスケールの大きな雪道を必死で走って逃げる夢を見ました(笑)

そんな私は、今『CALL OF DUTY』をやっています(笑)

 

 

LINEで送る

コラム

         

インタビュー

ミュージック

         

新作アニメ&特撮

人気プログラム

コラムカテゴリの最新記事