コラム #谷本貴義 40|ベンチマークの話

コラム #谷本貴義 40|ベンチマークの話
LINEで送る

tanimoto2015アー写921-921

 

2018年にはMac proの新モデルが

出るんじゃないかとささやかれて久しい。

いつもながら新モデルが出る前後は、

価格もかなり値引きされることがあるので、

MACフリークのみなさんはきっと

いろんな情報を集めているでしょう。

 

ところでMACの良いところは、

わざわざ50万60万という

大金をはたいて新品を買わなくても、

2、3世代前くらいのものでも

上手にチューニングすれば、

現行モデルに引けをとらない

パフォーマンスをしてくれる

というのも忘れてはいけませんね。

 

コンピューターにもベンチマークという、

CPUや各機種の性能を評価する基準があり、

そのサイトをみたところによると、

現在いちばん性能が良さそうなのはiMac proで、

お値段60万~とかなり高額。

 

その次はMac pro 2013年モデルの新バージョンのもの。

こちらもお値段30~50万くらいでしょうね。

 

その次にイケてるヤツはナント2012年のMac pro。

こいつは、新品は買えないけど

中古で10万くらいです!

 

安いからといってバカにしてはいけません。

もう5年も前のものなのに、

最新のiMacやMac book proよりも

ベンチマーク評価は全然高いのです!

さらにこの子の凄いところは、

CPUを自分で入れ替えればもっと早くなるのです!

(メーカー保証はなくなりますが)

 

つまるところ、50万の新品か、

都合10万ちょっとの中古か、

性能はあまり変わらないこの2つの

どちらを選ぶのかっていうことですね。

 

さらにちょっとチューニングは難しくなるけど

2009年までのものであれば

ほとんど仕様に変わりがないので

2009年を選んでもOK!

こっちは本体4、5万と

CPUが1、2万ってところで

これでもベンチマークは、

2017のMac book proより全然上位で、

きっとベスト10に入るくらいになると思う。

ひとつ欠点は、デカい筐体。

 

古いマックユーザーは

こういったカスタマイズを比較的カンタンに

自分でできるところに楽しみがあったりするのです。

 

しかしやがては

OSのアップデート攻撃や

サポート終了などにより

必ず撃破されてしまいます。

……なもんで、

「壊れてもいいや!」

っていう気概とやる気のある人は

自己責任でお試しあれ!

 

 

PROFILE&INFOMATION

谷本貴義|1975年4月14日生|おひつじ座|A型|広島県呉市出身|レギュラー番組WEEKENDアニコステーションで車掌(MC)を担当中|ドラゴンボール改主題歌「空・前・絶・後」をはじめ、金色のガッシュベル!、獣拳戦隊ゲキレンジャーなど、多数のアニメ・特撮・ゲーム主題歌を歌唱。同じく多数の作品において作詞・作曲・編曲もこなし、『動物戦隊ジュウオウジャー』ではEDテーマ「レッツ!ジュウオウジャー」の作編曲を担当するなど幅広く活躍中。


Twitter @tanimoto_tak
オフィシャルブログ http://blog.excite.co.jp/tanimoto-net/
オフィシャルサイト http://www.tentenpine.com/

 

 

 

LINEで送る

インタビュー&レポート

アニカンコラム

ミュージック

新作アニメ&特撮

人気プログラム

コラムカテゴリの最新記事