コラム #谷本貴義 25|SIMロック? SIMフリー? のはなし

コラム #谷本貴義 25|SIMロック? SIMフリー? のはなし
LINEで送る

tanimoto2015アー写921-921

 

みなさんアニカンワ。

あの激しく熱かった夏もどこえやら、

こないだハロウィンがあったかと思うと、

翌日からクリスマスになり、

また一年が終わろうとしています。

 

うろたえることはありません、

一日一日、

その瞬間のやりたいことをやりきって、

ガンガン生命の輝きを増していきましょう。

びびってたり躊躇していたら

時間が過ぎていくだけです。

 

さて今日は、

僕のSIMフリースマホ遍歴の話をしましょう。

キャリア(SIMロック)スマホをやめて以来

半年以上になるんだけど、

やめた理由は、

料金が無駄に高いから(^^;。

 

というのも、

自分の使いすぎで高いって思うなら納得だし分かるんだけど、

そうでもなかったりしてね。

 

ある日、海外でパケホーダイを使っていたときのこと。

いつもと同じような使用感でいたんだけど、

この日だけは変な課金のされ方をしていたみたいで

1日目夜に到着して設定しただけ。

2日目それなりに使う。

そして3日目朝になっていきなり

「あなたのパケホーダイは合計で一万円を超えました」

なんてメッセージがキタノデス。

 

パケホーダイは1日最大2980円だから

3日のうち1日しかまともに使ってないのに

1万円っておかしくねー?!

みたいな。

 

そんなわけで、

前々から料金自体高いなーと思っていたし、

当時もっていたやつも古くなっていたので

思いきって変えてみたよ。

 

そうしたら月々の料金は

キャリアの時の3分の1くらいになったよぅ。

また現地のSIMは

1週間分1000円以下で売られているので

余ったお金でお土産が買えるw。

 

だがしかし、SIMフリーにして以来、

一台目はすぐに壊れて買い換えたのと、

二代目は安いのにしたら、

ちょっとしょぼかったので早めに機種変し、

合計の三台分のSIMフリースマホ料金が

かかってしまった。

 

なもので、

そのままSIMロックを使用していた場合と

ほとんど料金が変わらない結果となっています。

チャンチャン♪

 

それでも、冒険できたし、学べたし、

海外で自分のスマホがサクサク動くのは

気持ちがいいから結果よかった。

 

ちなみにブラジルやペルーでは、

SIMロックという概念はもう消滅しており、

市場に出回っているのは、

すべてSIMフリーだった。

 

現地の人に日本の状況を話すると、

「えー! 日本の電話会社ってまだそんななのー!」

と驚かれました。

そんな君は、ロック派? それともフリー派?

 

PROFILE&INFOMATION

谷本貴義|1975年4月14日生|おひつじ座|A型|広島県呉市出身|レギュラー番組WEEKENDアニコステーションで車掌(MC)を担当中|ドラゴンボール改主題歌「空・前・絶・後」をはじめ、金色のガッシュベル!、獣拳戦隊ゲキレンジャーなど、多数のアニメ・特撮・ゲーム主題歌を歌唱。同じく多数の作品において作詞・作曲・編曲もこなし、現在放送中の『動物戦隊ジュウオウジャー』ではEDテーマ「レッツ!ジュウオウジャー」の作編曲を担当中


Twitter @tanimoto_tak
オフィシャルブログ http://blog.excite.co.jp/tanimoto-net/
オフィシャルサイト http://www.tentenpine.com/

 

 

LINEで送る

コラム

         

インタビュー

ミュージック

         

新作アニメ&特撮

人気プログラム

コラムカテゴリの最新記事