コラム #いとうかなこ 12|ライブの醍醐味

コラム #いとうかなこ 12|ライブの醍醐味
LINEで送る

itokanako2704_webいとうかなこの 歌うたい旅 ♪
|第12回|ライブの醍醐味

 

ライブって本当に楽しいんです。

まず、絶対に同じライブってない。

曲は同じでも

同じ環境なんてありえないんです。

当日、その会場のステージで

リハーサルをしたって、

本番、お客様が入ると

まったく別の聞こえ方になる。

客層はもちろんのこと、

空気の乾き具合や体感温度だって

本番のステージ・センターに立って声を出すまでわからない。

だから、直前はとても緊張します。

 

以前、大先輩であるJAM Projectの遠藤正明さんが

ライブ本番直前の舞台袖で、

「緊張しますー」と言って騒いでいる若手歌手の女の子に

話していたのを思い出します。

 

「緊張しないステージなんてダメだよ」

 

そばで聞いていた私におもいっきり刺さりました!

あの遠藤さんでさえ直前は緊張するんです。

なんだかホッとしたりもしました。

 

緊張して本番で弛緩というより解放していつも通りそれ以上の歌をお届けする。

エネルギーを最大放出するためには、ぐっと緊張することが必要なのかもしれません。

「緊張するのはイイ事だ!」というオマジナイと共に本番までの準備をします。

 

そして、歌うたいとして一番嬉しい瞬間が目の前のお客様が喜んでいる、

または涙している姿を見ることなのです。

アニメのイベントや祭りに呼ばれると、やっぱり

常に歌って欲しいランキング上位は『シュタインズ;ゲート』

新作『シュタインズ;ゲート ゼロ』のヒットで益々盛り上がってきているので

今や欠かせない曲たちになりました。

 

このシリーズのオープニングたちは、

どれもハイパー・ハイテンションですからさぁ大変。

だけど、最近ようやく乗りこなせてきたというか、

曲に負けない自信がついてきました。

 

本来、得意分野でなかったこのハイパー・ハイテンションなジャンル。

ライブではそれはそれは盛り上がるのです。

そりゃぁもう、くせになってきました♪

 

けれど、たまに昔のエンディング曲たちを聴き返すのですが、

ゆったりした安心のメロディー、そして暗い曲も大好き!

たまにイベント主催者サイドでお客様からのリクエストを募ってくださったりして、

その集計を見せていただく事もあるのですが、

1位はダントツ 科学ADVシリーズ ハイパーソング、2位は大体 暗い曲

この落差がまた面白い!

クラブイベントなのに暗~い曲だらけなんて、合わないだろうな、

でもリクエストされてるからやろうかな、とかもう楽しくって大変です。

 

今年に入って2本目のライブ、

毎年開催している私の所属するレーベルのお祭り《Live5pb.》も、

真っ昼間から開催した《アニソンクラブ》イベントも、

毎回萌え要素ゼロなので「燃え担当です!」と勝手に宣言して参加している

萌えの祭典《みるくらりあっと 大阪》も、

どれもハイパー担当でしたし、どれも個性的なイベントでした。

 

《Live5pb.》《みるくらりあっと》は女性が増えてきたな~と思い、

《アニソンクラブ》は若い子が多くて、

ブラジルばりに一緒に歌ってくれる子がいっぱーいという驚きの雰囲気でした。

 

それぞれ定期的に開催されている祭りです。

それって大切!

定期的に《いとうかなこ祭り》やりたいなぁ!

そしたらみなさん、来てくれますか?

 

 

 

LINEで送る

コラム

         

インタビュー

ミュージック

         

新作アニメ&特撮

人気プログラム

コラムカテゴリの最新記事